Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきて早16年目。高知の海のダイビングの水中写真、ご近所の鳥が中心の「なんちゃって」バードウォッチング、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

み・見えない~! (アオバズク)

土曜日にダイビングタンクの予約をいれた電話で、

三浦のお母さん 「issyさん、今、宿毛にアオバズクがいるんですよ~♪ 見に行きます~?」

ボク 「行くいく!」

お母さん 「じゃあ 鳥用のカメラも持ってきてくださいね~」


まぁ実際は、当日はお母さんは他のお客さんの対応もあるので、案内はできなかったんですけど、

「行けばわかりますよ~。今朝もうちのお父さんと娘が、見てきたんですから~。」

って、詳細な場所を教えてくれました。



宿毛の神社の

鳥居を背にして

「大きな木」 を見上げて、

二股に分かれた木の右手の

5mぐらい上!




ASMちゃんにスマホでナビゲートしてもらいながら
たどり着いた神社、



「大きな木」 はすぐわかりました。


二股、も、右手5m も。




そこから先、

どんくさいボクにはなかなか見つからなかったんですけど、




ASMちゃんがすぐに、

「あれじゃないですか!」 って見つけて、



シャッターを押してくれたのが、

これ。

アオバズク麻美ショットweb
(ノートリ)

よく見つけたねー♪





アオバズク。

ハトぐらいの大きさの、フクロウの仲間です。





しかし、いかんせん、
葉っぱが邪魔で、全身は見えません。
青葉ズクだけにwwww





しばらく粘ってみましたが、

どうにも、

顔が見えない~(泣)





ようやく見えた、ちらっと写真。

アオバズク2web




角度を変えて、

粘った末の、



Owl's eye

アオバズクeyeweb


これが精一杯でしたww





三浦のママさんは、

顔がバッチリ出てる写真撮ってたけど、

そうやって撮るんだろ??





コウノトリの写真もそうだけど、

ママさん、チャンスに強いんだよなー。





少しあやかりたいもんです。


Owls Eye

家政婦は見たw

こっちからは全然見えないけどwww





よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします


スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 21:53:58|
  2. バードウォッチング
  3. | コメント:0

ガイディングもまた楽しwww

今日も今日とてバー浜ダイビング~♪


シコロサンゴ
(写真はずいぶん前~っの写真です)


今日は、先週約束をしちゃったので
KMS(高知大学医学部)ダイビング部の
みなさんや、

去年・今年に講習をさせてもらった
ビギナーダイバーの人たちを連れて、
バー浜のガイドダイビングをさせてもらいました。


今日はガイドに集中してしまったので、
デジイチカメラはぶら下げては行ったものの、
シャッターを切ることは一度もなし。

すっかりガイディングに徹してしまった。


(ということで、今日の生物の写真は
これまでのストックからの焼き直し。
参考程度に見てくださいwww)


今日は高知市内から、2名の「同乗ダイビング」。

市内のASMちゃんはご自宅前でピックアップ、
南国市からのMNMちゃんは高知市内の薬局に車を置かせてもらって、
1台の乗り合いでバー浜に向かいます。


KMSダイビング部は、NSMんOBインストラクターが
新入部員講習の追い込みをやっている中、

1本目はAYNちゃん、RJくんを加えての
4名様のガイディング。

3名のビギナーダイバーは、
AYNちゃんがしっかりチームのしんがりでサポートしてくれたので、
ボクは安心してコース取りに専念できました。


今日のコースは2ダイブとも左コース。
ブリーフィングファイル (SP thx to Jonny's Map)を使って
しっかりとブリーフィングを行ってから、


いざ一本目のエントリー♪


(で、ここから先は、参加者の皆さんへのログ付けを兼ねた記述です
だらだら長いけどご容赦www)


去年以来のブランクダイバーもいるし(某ASMちゃん)、
トレーニング終わりたてホカホカ、講習後1本目のダイバーもいるし(某MNMちゃん)、
多少経験はあるらしいんだけど、マッハでエアーを消費し流星のごとく吹き上がると散々な言われようの人もいるし(某RJくん)・・・
という楽しさ満載のチーム編成なので、
ここは安全策を取って、
1本目は背の立つところからレギュレターをくわえて潜降開始!
ゆっくりとした滑り出しでコースを取り始めました。

浅場のシコロサンゴの間を見ていくと
なんと!
黄色いハダカハオコゼがいるではありませんか!

ハダカハオコゼ


ハダカハオコゼ、
バー浜では初めて見たかも。
以前右コースの深場の根にしばらくいたようですが、
こんな浅いところにもいるなんて。
わからないもんです。


サンゴの隙間の中からお出ましいただくのに
少々お時間を要しましたが、
みなさんに見てもらえたと思います。


ハダカハオコゼは、
自然のところを観察すると、
海藻に擬態して、波もないのに、
ゆらりゆらりと左右に体を揺らしている生態が面白いんですが、
今日は手のひらに乗せちゃいましたので
ちょっと不自然な観察に~♪


砂に潜っているエソを見たりしながら、
三角大岩に到着すると、


まずはアライソコケギンポ。


今日はオレンジとブラックの2個体。

あらいそ図1



それから、大岩の裏でオキナワベニハゼ。

おきなわ


このへんで、

マッハでタンクのエアーを吸いきるという噂のRJクンの残圧をチェックすると、

案外人なみにあるじゃぁありませんか。


コース取りを少し延長して、
ロープ沿いにさらに左へ~。


すると、三角大岩横のキャベッジコーラルの下に

お久しぶりのマツカサウオ発見!

マツカサウオ図鑑写真


ピカピカしたイエローの体がきれい♪
ライトで照らしまくりww



そこからジョーフィッシュに移動しますが、

地味ジョー


地味ジョーはいまいち見せきれなくって、
すぐ引っ込んじゃいました。



コース取りは立ちアンカーを折り返し地点にして、帰路につきまして、

立ちアンカー




中層にはキビナゴの群れがいっぱい!

キビナゴ



キラキラ☆きらきら☆

とってもきれいです♪



そして

サツマカサゴにフラッシングをさせたり、

サツマカサゴフラッシングweb



ドリンク剤のアキビンに隠れていたカモハラギンポを捕まえてみたり、

かもはら


ランボーローゼキを働きまくりりながら、


砂地で


ネジリンボウを見て、

ねじりん図1


ヒレナガネジリンボウを見て、

ひれながねじりん


カンザシヤドカリ見て、

かんさし


ニシキカンザシヤドカリ見て、

にしきかんざし



浅場で記念撮影をして

エキジットしてきました。





1時間半弱のインターバルをおいた2本目は、




講習から解放されたSOくんと、

NSMんの彼女をお連れしての6名様のガイド。



NSMんラブは 「ジョーフィッシュ命」 らしいので、
今回はミスれません。



2本目は1本目よりもう少し足を延ばしたいので、

水面遊泳で水深8mぐらいまで移動して、


そこでフリー潜降。



ビギナーダイバーズも上手にフリー潜降ができまして



ひとしきり
ヒトヅラハリセンボンを追いかけまわしたあと、

ヒトヅラハリセンボン



再び三角大岩~


アライソコケギンポ、マツカサウオを2本目からの参加者に見せながら、

アライソコケギンポ図1



今度こそ!で、ジョーフィッシュへ。


ロープ沿いに二匹いる地味ジョーのうち1匹は、


 ・・・口内保育中!

ジョー抱卵



黄色い卵を口いっぱいにくわえています。


早めに引っ込まれちゃったので、わかってもらえたかなぁ?


でも次に見せた

紅白ジョーはあまり引っ込まずにじっくり見てもらえました。

紅白ジョー


よかった~


と、思ったら、見せてる間に、

フィンキックで他のジョーの穴を二つつぶされてて

 (あ゛~!!)



でもこれは、ガイドとゲストの位置取りの悪さ、
要はガイドがへたっぴいだから起こる事故。


ガイディングスキル落ちてるな~ とちょっっぴり痛感&反省・・(汗)



さて足を延ばして、寝アンカー方面へ行って、


アカオビハナダイ見せて、

あかおび




ハタタテハゼは見つけられなくて

(でもASMちゃんは見つけてたので、ちゃんといましたよ~)

はたたて図1



先週見つけた激浅ホタテツノハゼをチェックしたら

ちゃんといてくれたので、

みんなで観察して。

ほたて




帰り道についたら、


なんと、


メガネウオが


砂に潜っていなくて、全身出てました。

メガネウオ全身




すっぱだかで全身出てるので、

はじめは死んでるのかと思ったwww

支持棒で頭をコンコン小突いたらようやく動き出しましたけど、


エサをとった直後なのか、


口から加えた魚をはみ出させながら、

なんだかのろのろ逃げていきました。




赤ガイのカラにはいったタコを見つけて、

貝の中のタコP8090025


ナイフでこじ開けたら

スミをびっくりするほどいっぱい吐きながら、

逃げていきました。

タコスミ吐きweb




あとはホンソメワケベラのエソのクリーニングをしばらく見て、


シャイなワカウツボをつつきだそうとして失敗して、

ワカウツボ



最後は小っちゃくてトーメーなオドリカクレエビの子どもを見て(見えたかなぁ)、

おどり



上がってきました。



浅場に来るとちょっと浮いちゃう人もいましたけど、

でもおおむね上手に潜れたし、

エアーも持ったし。

50分のボトムタイム、しっかり楽しんでもらえたと思います。


ここに書かれてるもの、よく見えなかった!って人は、

この次はしっかり見ようね!


今日の皆さんweb



(最後の上がり際にオニちゃん1匹を見つけたので北斗百裂拳をお見舞い)



こうして書いてみると、

じつに 魚やタコいぢめまくりwww



最後にはモノホンの「殺戮」まで繰り広げまして


普段 しゃあしゃあと

「自然にローインパクトなダイビングを!」 

と提唱していらっしゃるのは

どちらさんでしたやろwww



人に楽しんでもらおう、見せてあげよう、と思うと、

我を忘れて

すっかり 水中DV を働きまくりなのでありました。



写真は撮らなかったけど、


(今にして思うと、ハダカハオコゼとジョーの口内抱卵は撮ればよかった)



人に見てもらうダイビング、

ガイドダイビングは、

これはこれで、楽しいっす。




また、たまにはしてもいいかなぁ。


ご希望がございましたら、リクエストしてね♡



LOG DATA
2016-32
EN 09:15  EX 10:05  BT 50min
Max 21.5m Ave. 12.8m
W. Temp. 22.9℃


2016-33
EN 11:41  EX 12:33  BT 52min
Max 22.1m Ave. 12.55m
W. Temp. 23.0℃







よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします



  1. 2016/06/26(日) 23:04:56|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

激浅!! ホタテツノハゼ!

棘皮動物 の 集会が なんだかにぎやかでしたが、

まっくろくろすけ (アカオニガゼのことですねww) とか、

ベムスター (ヒトデのことですねwww) とか。

以上は FBのメッセでいただいたご感想 by YOKさん。

なかなか言いえて妙ですが、


アカオニガゼ は結構でかいので、
くろすけ みたいに かわいいもんじゃないっす。





さて、砂地で出会えるのは

ダテハゼの仲間。




そろそろ暖かくなってきたんで、あんまり引っ込みません。




ネジリンボウ

ネジリンボウ20160619web





オニハゼ

オニハゼ20160619web



何の変哲もない写真ですんませんww






岩場では、サツマカサゴがペアでいました。

サツマカサゴペアweb

わかりにくいですねww



二匹で寄り添って、同じように動いていたので、

ペアリングしていたんだと思います。





これもいつものように いぢめて

フラッシング させちゃいましたけどwww

サツマカサゴフラッシングweb


さすがに 二匹同時フラッシング は撮れなかったww






そして 今回のダイビングでの 発見! はというと、



お久しぶりの、ホタテツノハゼ。




実は 先週 も 先々週 も、

ホタテくん を探して、

つぶれ四角カゴ からの 深場エリア、24~27mぐらいを

一回り 二回り 探していたのですが、

今年はちっとも見つけられない。





と思ったら、思わぬ 浅い所にいました。


ホタテツノハゼ201606193web




なんと! 水深 14m!!





こんな 浅い深度で ホタテくん を見たのは、初めて じゃないかしらん。




むかし、インドネシア で 初めて ガイドさん に見せてもらったときは、

これぐらいの深さだったようにも思いますが、



あの時は、ガイドさん が指さした瞬間に引っ込んじゃったんで、

黒い カゲ しか見えなかったんでしたっけwww






ヒレ 開け~!  と念じていたら、






あっ!  開いた!!

ホタテツノハゼ201606192web





で、このあと寄り過ぎて 引っ込んじゃったりするんですけど、


これぐらいの深度だと、



少し 離れて しばらく他のもの見ててから、

頃合いを見て 戻って見に来ると、




また出てる。


ホタテツノハゼ201606195 web



撮り直し がきくから、

すっごくやりやすい♡





ヒレ 開いてくれるまで、

じっくり粘れますwww


ホタテツノハゼ201606194web




さて、気になる 「場所」 は、

わかる人にはわかる ように言うと、



おととし?の ハナヒゲ エリア です。




ね、浅いっしょ。




ホタテツノハゼって

ヒレが 黒いの と 黄色いの がいて、

あれが オスメス の違いかなーと思ってたんですが、

この個体は 背ビレの上半分が白!


また 独特の 味わいです♪




しばらく 居ついてくれると いいですね~♪


ホタテツノハゼ201606191web

(ほぼノートリ)



9月の エコキャン まで、居てちょーだいよ♪♪






よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします





  1. 2016/06/23(木) 23:15:27|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

クマノミ産卵ラッシュ!

毎週潜っていても、

毎週 何かしらの 発見 や、変化 がある。

それが素晴らしくって、やめられないですね。 

ダイビング。


というわけで、

飽きもせず、今週もバー浜です。



今週 なんだか 目についたのは、棘皮動物 の 集会風景www

アカオニガゼ集合web

アカオニガゼ。



冬場には よく大群をなしているんですが、
こんな時期なのに、なぜか かたまって、

何やら よからぬことを 企んでいるかのようでありました。





三角大岩 横の アライソコケギンポ、

オレンジ、ブラック、紅白の3個体のほかに、
近くの岩にもいるよ って教えてもらいながら、
自力ではなかなか見つけられていなかったので、

今日はAKIちゃんに教えてもらいました。


それが、この子。

アライソコケギンポNo4web


この子もなかなかきれいです。


そして何より


毛が フッサフサ。


自慢のヘアーが長くって、本数も、たくさんあるかのように見えます。






・・・  なんだろうこの気持ちは




・・・




・・・





・・・ 嫉妬?







毛 を取り直して、もとい、気 を取り直して、



ジョーフィッシュ 行っときましょうか。

紅白ジョーロンパリweb

今日は ちょっと ロンパリ風 www



何よりこの子は、毛 を自慢してないところが好きさ。




小さい個体はまだ顔を出してきょろきょろしていますが、
一番大きな個体は、早くも巣穴にふたをし始めています。



一年に一度この時期にしか顔を見せないなんて、
どういう生態なんでしょう??


見れるときによく観察しときたいところです。





ハタタテハゼのペアも仲よさそうにしてました。

ハタタテペア20160619web

手前の子にピンが来てないので
写真としてはペケですね。

みっともないけど
きれいだったからあげちゃいます。


今度は頑張って もう少し いい写真を撮ろう。







今日 あちこちで 目に付いたのは、


クマノミ の 卵。


クマノミ卵守るweb


5-6カ所は見かけたでしょうか。

ちょっとした産卵ラッシュです。



イソギンチャク の 近くの岩肌に 産み付けた卵に、

親クマノミ が 一生懸命 ヒレで扇いで、

新鮮な海水を 送ってあげていました。


クマノミ扇ぐweb




中には イソギンチャク が丸まって、

まあるい ボール みたいになってるのもありました。


イソギン丸まりweb

(このイソギンチャクの上の岩肌にも卵があって、親が守っています)






卵をアップにしてみると、



こんなかんじ。


クマノミ卵2web






もひとつおまけに


こんなかんじwww



クマノミ卵~!web




これを見て、



カワイ~!

と思うか、



ゾワワ~っ

ってなるか。




ちょっとビミョーwww



でもみんな、しっかり目ができて、

ハッチアウトももうすぐ、です♪



クマノミの親は、一生懸命卵のお世話をしている

尾びれの黄色いのは、お父さん。

尾びれの白いお母さんは

お父さんほど熱心にはお世話をしません。



なんだか親近感がわくなあ。


なんでだろうww






今日のおしまいは、

もう一つの棘皮動物の大集会。


ヒトデ集会web


時々目にするヒトデですが、正確にはなんていうヒトデなんだろう?




とにかく今日は大集会。



絶対に、



地球制服 かナニかを企んでいるのに違いないwww




LOG DATA
2016-30
EN 09:07  EX 10:22  BT 70min
Max 25.7m Ave. 14.3m
W. Temp. 23.4℃


2016-31
EN 11:41  EX 13:01  BT 79min
Max 21.9m Ave. 12.5m
W. Temp. 23.6℃



次のアップでは、今回のもう一つの発見、「劇浅HT」 いきます!



(え、ヒトデの集まってる写真は、ヤ○セじゃないかって??   さ、さぁ、ねぇ・・・)







よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします




  1. 2016/06/20(月) 22:44:17|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

ササゴイ part 2

久しぶりに鏡川に来ました。

お天気のいい昼日中、

鳥はカラスと鳩と、スズメぐらいしかいないかなーと思っていたのですが、






いましたいました。




水の波立っている堰のところに





ササゴイくんです。

ササゴイ1606181web



1時間ほど遊ばせてもらいましたが、


相当近くまで寄ってきてくれました。



これはノートリ。

DSC_0870web.jpg




ササゴイ1606182web




ササゴイ1606183web







あとは飛んでいる写真を粘ったんですが・・・




ササゴイ160618飛翔3web





ササゴイ160618飛翔2web





ササゴイ160618飛翔1web





ササゴイ160618飛翔5web





ササゴイ160618飛翔4web




あんまりピンが来てないですねwww



ササゴイ1606184web



久しぶりのなんちゃってバードウォッチングでしたw



  1. 2016/06/18(土) 21:25:06|
  2. バードウォッチング
  3. | コメント:0

ハゼもいろいろ(^^♪

先週日曜日の続きです。

ハゼの仲間もいろいろ撮りましたよ♪





これは ハナグロイソハゼ ですかね。

ハナグロイソハゼweb

よくいる普通種ですけど、ちゃんと撮るとかわいいですね。







おなじみ オキナワベニハゼ。

オキナワベニハゼweb

三角大岩の裏にいます。





この個体は 模様が細かくって 少し違って見える気もするけど、同種かな?

オキナワベニハゼ?web





ちょっとはじっこに止まってくれたので、
何となく スポットっぽい写真になりました♪

オキナワベニハゼスポットweb








砂地のダテハゼ系に移りまして-






得意の ハチマキダテハゼ

ハチマキダテハゼ正面顔web

今日は正面顔でwww




オニハゼ属SPweb

これは、オニハゼ属SP でいいのかなぁ。
よくわからん。

背びれのスポットが一個です。




そしてこれは、ホタテツノハゼ属SPなんだろうか?


ホタテツノハゼ属別角度web


背びれのスポットが二個。




巣穴から離れた全身像はこんなです。

ホタテツノハゼ属SP全身像web




粘ってたら、きれいにヒレを広げてくれました (嬉!)

ホタテツノハゼ属SPヒレ開きweb





ハゼじゃないけど、アナゴ。

アナゴweb


指示棒で突っついたら、
にゅるんと出てきて逃げていきましたww





今日の〆は、三浦さんで ところてん。

食べる分を自分でついて、土佐独特のだしで食します。

ところてんweb


うまし♡





よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします



  1. 2016/06/16(木) 21:16:30|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

今日の探検隊はギンポ三昧!

今日の高知は 雨。

朝 出立の時間 (AM5:00 )は、
まだ、降るか降らずか、
小雨 しょぼしょぼ といった体だったのが、

日中になるにつれて
どんどん本格的な降りになり、

帰りの道中はワイパーも利かないぐらいの大雨になっちゃいました。



天気予報的中。

家族からは、やめときゃいいのに、と言われつつ、

自分的にも、どうしよっかなーと思いながら出発しました。



バー浜雨web (1)
バー浜も雨降り~♪




今日も一本目はソロダイブ。

探検隊は 「ゆけゆけ川口博」 を頭の中で流しながら
バー浜 左コース を 進みます。


すると・・・



うーみのー中には~ 白骨が転がる~♪
何かで磨いた~ よ~うなピカピカの~
白骨が転がる~♪


白骨が転がるweb
なぜか 地味ジョー の横に白骨が転がる~www




探検隊ですので、まずは、今日の UMA ヒメジョー。


ヒメジョー611web
この前よりは少しシャープに撮れたかなぁ。


朝一でほかのダイバーがいないのがよかったのか、
前よりは少し寄れたようにも思います。


先週は、粘って撮ってたら、
上から学生が降ってきたりしたからねwww





今日のダイビングは ギンポ三昧。



今お気に入りの三角大岩の横のアライソコケギンポ。



オレンジちゃん

アライソコケギンポオレンジ612web


紅白ちゃん

アライソコケギンポ紅白アップweb



黒ちゃんは、ちょっと撮りにくい
ポジションなので今日は割愛www




オレンジの変顔

アライソコケギンポ変顔web



紅白の上目づかい

アライソ紅白上目遣いweb




三角大岩の裏をよく見ると、

普段よく見ていないせいか、

見慣れないギンポが目に留まりました。


イソギンポ顔出しweb



全身が出てくるとこんな感じ。

イソギンポ全身像web



顔のアップ

イソギンポ?アップweb



教えてもらったら、マダラギンポだそうです。

小さくてかわいい。



三角大岩の裏側を丹念に見てると、何個体かいるみたいです♪





浅場では、

会いたくてなかなか会えなかった

「潮太郎」(AKIちゃん命名)にようやく会うことができました。

ONDさん&AKIちゃんがかなり前から見つけて
写真をアップしていたギンポです。


二本目のエントリー直後に教えてもらいました。


潮太郎web


思ったよりでかいwww

そしてブルーの模様がシックできれい♪


これは ニラミギンポ だそうです。


そんなににらんでもないのにねwww








次回のアップでは、ハゼ編行きます!



LOG DATA
2016-28
EN 08:33  EX 09:50  BT 77min
Max 27.8m Ave. 14.6m
W. Temp. 22.3℃


2016-27
EN 11:38  EX 12:55  BT 72min
Max 19.6m Ave. 11.6m
W. Temp. 23.3℃





よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします




  1. 2016/06/12(日) 23:02:40|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

バー浜探検隊 再び!  UMAジョーフィッシュはこれだ!

土曜日 沖ノ島 オニ退治(オニヒトデ駆除)の翌日は、
東京、埼玉からオニ退治に参加してくれた方々を
われらがホームグラウンド 「バー浜」 に ご案内~♪


今回来られていたのは
埼玉から JUDF 常務理事の SZK さん (もちろん JUDF Instructor)
東京から TMR さん (JUDF 次期インストラクター候補?)
もう一人東京から、もと N○K 映像カメラマンの HYS さん (この方も JUDF Instructor)。


SZK さん と TMR さんは、おととしもバー浜で潜られてるので、今回が2回目。

HYS さんは今回が初めてですね~。



皆さんベテランですので、
地形を含めたブリーフィングをきっちりやって、
前半コースを取りながら魚を適当にお見せして、
あとはフリーにして、思い思いに楽しんでもらいました。


ネジリンボウ や ウミテング など 自分で見つける喜びも
ダイビングの楽しさですもんね♪



お見せした魚たちを かいつまんでいきますと・・・





ミジンベニハゼ (レモンちゃん)

レモンちゃんweb

ミジンベニハゼの卵が見られますよ~! って ばっちりブリーフィングで言い切って行ったのですが、
今週は卵はなし。
産み疲れでしょうかねー。 
それとも、毎週まいしゅう覗いてるから、ヤになっちゃったのかな?www
少し、そーっとしておいてあげたほうがいいのかしらん。





カモハラギンポ

カモハラギンポweb

穴から 「顔出してる」 系って、つい見たり 撮ったり しちゃいますよねー。
サカナとしては、別に珍しい種類でも何でもないんですけどwww
でもカモハラギンポの顔って、ブルーがちょっぴりきれい♪





アライソコケギンポ

三角大岩の横の コケギンポ って
3匹いるんだよ~ って聞いたので よく探してみたら、
ホントに 3匹 いました。


アライソオレンジweb

オレンジ の よく目立つ 子 と、


アライソ黒web

色黒の ちょっと シック な 子 と、


もう一匹は、

アライソ紅白web

水中で見るとちょっと色白なんだけど、
写真に撮ると、紅白でちょっと ビビッド な感じの 子。


なかなか、バラエティーに富んでいて楽しいです♪



情報では、
「コケギンポもう一つ手前の小さい岩にも一匹いるのですよ(^○^)その子も可愛い」
ということらしいので、今度また探してみなくっちゃ。





紅白ジョーフィッシュ

紅白ジョー64web

今のところ、まだ 3個体。
よく探せば、もう少し見つかると思うんですけどww





お客さんたちをフリーにして、

一人になったあとは、



ボクは 「バー浜探検隊」 再び!  です。





UMA (ユーマ) ジョーフィッシュ の前に探検隊が見つけたのは、

あんまり見たことのない、不思議なお魚。

砂に半分埋まったサンゴのがれきを
いたずら半分にほじくりだしたら、その下から出てきました!

マダラテンジクダイweb

テンジクダイ系の魚だということはわかるのですけれど、

たぶん今まで見たことないっす。



ちょっと変わった魚ですよねー。



ほじくりだしてしばらくしたら、上の写真みたいに白っぽくなっちゃいましたけど、
出てきてすぐの体色はこんな感じ。

黒いシマシマがありました。

1マダラテンジクweb


帰ってきてから詳しい人に聞いたら、

マダラテンジクダイ という魚なんだそうです。

なんでも、柏島で発見されて、その後、宇和島の西海で見つかったりして、
どうやらこの海域の固有種?とみなされてたところが、その後あちこちで見つかって・・・
ていう魚のようで、

珍しい、というよりは、夜行性のため
昼間はあんまり出てこないんで、見る機会が少ない、ということのようです。

でも見る機会が少ないってことは、
やっぱ、珍しいっちゅうことよね。

また見せろ! って言われても、見せれんしwww


まぁ、珍しっぽくて、ちょっと探検隊 らしいかなー っちゅうことで。







さて、本題の、
見ても見れない未確認魚、UMAジョーフィッシュですが、

潜り仲間のOCさん(上記マダラテンジク台を教えてくれたのもそうです)
が、土曜日に見事写真に収めてくれました。



UMAジョーフィッシュはこれだ!!!  

13335598_1045348092228154_463257430276583878_n.jpg
(Facebook から勝手に転載)

さすがです。






ボクはというと、じつは肉眼では、かなりよく見えるようになりました。



マークした巣穴を遠くから見ていると、

結構巣穴から出たり入ったり、しています。



でもとてもまともに写真に撮れる 距離じゃ、ない。




ようやく撮れた、超遠くからの写真が、これ。

ユーマ

超鬼トリっすwww

遠すぎて青かぶりもすごいし。




今回、粘りに粘って、ようやく撮れた、

もう少し出てるのが、これ。

ユーマ横顔web



やっぱり ジョーフィッシュ、ですねー。 横顔が。





ジョーフィッシュ(アゴアマダイの仲間)の正式な分類がどうなっているのか、
不勉強でよく知らないのですが、
どうやらこれは、

「ヒメアゴアマダイ」

という名前で標準和名のついている種類のようです。



少し小さめで、

超シャイ。


よく探してると、バー浜の砂地の

6-14mぐらいの広範なエリアに、

結構個体数はいるみたいです。



信じて、気にして探していれば、

あなたにもきっと見えると思います。

UFOと一緒ですwww




世間を騒がせた(?) UMAジョーフィッシュの正体は、

ヒメアゴアマダイ でした。




ヒメアゴアマダイ = ヒメジョーフィッシュ ってことで、

通称 ヒメジョー って言うんですねー。


E5A7ABE8B7AFE59F8E20E6B7B7E99B9120E5B9B3E697A5.jpg


あ、これは ヒメジジョー か。



LOG DATA
2016-26
EN 09:20  EX 10:20  BT 60min
Max 24.7m Ave. 12.6m
W. Temp. 21.6℃


2016-27
EN 11:55  EX 12:55  BT 60min
Max 26.7m Ave. 15.3m
W. Temp. 21.6℃






よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします


  1. 2016/06/09(木) 23:55:55|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

沖ノ島のオニ退治! 9発目

先週土曜日は、全日本潜水連盟(JUDF)四国の恒例事業、
沖ノ島のオニ退治~🎵

これはJUDF四国が4年前から行っている環境保全活動で、
足摺宇和島国立公園にも指定されている、高知県沖ノ島海域のサンゴのきれいな海域を選んで、
そこでサンゴの食害をしているオニヒトデを集中して駆除していこう、という ボランティアダイビング。
今回で9回目になる人気企画です。


天候はあいにくの雨!
なぜかこの企画、毎回天気が悪いか、海が荒れているか。
最高のコンディション!で行われてためしがありません。
いつもよっぽど行いの悪い人が混じっているのか、
それともオニヒトデの呪いでしょうか。

でも、四国4県+関東は東京・埼玉から終結した19名の桃太郎ダイバーズは意気軒高!
ショボ降る雨もものともせず、ウェットスーツを着込んだら、
予定の8:30前に宿毛の岸壁を出港、沖合に煙る沖ノ島を目指します。

ボートの上web



ボートで走ること約45分で沖ノ島に到着。
2~3人を一つのチームにして、
泳力のある人はアンカリングポイントから離れた場所でエントリーして距離をとったロングコースを、
比較的ビギナーの人はボートのアンカリングポイントの周辺を集中して、オニヒトデを探して潜っていきます。




ここでのオニヒトデ駆除方法は、
ピストル型の動物用の注射器で、オニヒトデに酢酸を注射するという、酢酸注射法。
大月町にある海洋生物研究施設 「黒潮生物研究所」 が開発したテクニックです。
酢酸を注入されたヒトデは数日で体が白くなってバラバラに溶けてしまいます。



オニ退治2web




以前行っていた駆除方法では、オニヒトデをすべて捕獲して陸上に揚げて処分していましたが、
たくさんのオニヒトデを集めて運ぶのはなかなかの重労働。
そのうえ捕獲・運搬・陸揚げの作業中に刺されてしまう事故も多く、労力が大きく危険性も高いものでした。
ボクも一度、オニヒトデをいっぱいに詰めたネットを運搬しながら泳いでいるときに、
誤って思いっきりヒザ蹴りをキメてしまったことがありました。
その時はヒザが紫に腫れ上がって、しばらくかなり痛い思いをしました。

それに比べると、薬物注射は駆除に要する労力が小さくて済み、
危険性がとても低く、安全で非常に有効な駆除方法です。

薬物を用いる駆除ではホルマリン注射なども試されてきましたが、
これはホルマリンの毒性が自然に与える影響を考えると、
あまり 「自然にやさしい」 方法とは言えないものでした。

しかし酢酸注射法では使用する薬物が「酢酸」=「お酢」です。
酢酸は海の中では二酸化炭素と水に分解されてしまいますので、
自然に対する影響はほとんどななし。
自然にやさしく、危険性が低く、安全性&有効性が非常に高い、理想的な駆除方法といえます。




さて、ポイントについてエントリー♪

実際のダイビングでは、
チームの一人が注射器とチューブでつないだ酢酸のボトル、
一人がエビバサミ・水中スレート・メジャーを持って潜ります。



オニヒトデを探すには、まずはオニヒトデがサンゴを食べた痕、「食痕」を探します。
オニヒトデに食べられたサンゴは、その部分が死んで白い骨格だけになってしまいます。
死んだサンゴは水中でとても目立っていますので、
それを目印にしてその周辺の岩陰やサンゴの陰などをくまなく探します。

サンゴの食痕web



オニヒトデを発見!

陰に隠れているヒトデはエビバサミを使って平らなところに引っ張り出します。

まずはサイズを計測。
どれぐらいの大きさのオニヒトデが生息していたのか & 駆除したのかを記録するために、
オニヒトデの大きさをメジャーで測って水中スレートに記入します。

オニヒトデ計測web



サイズを測ったら、酢酸を注射します。
オニヒトデの大きさにもよりますが、体盤(腕ではない円盤状のヒトデの体のところ)に4-5か所ほど注射します。


オニヒトデ酢酸注射web




注射針がヒトデを貫通してしまわないように気を付けて、
また棘に刺さらないように気を付けて(実際には針のほうが棘よりもだいぶ長いので心配はいらないのですが)、
ヒトデの体盤に針を突き刺して、注射器のトリガーを引きます。



注射したオニヒトデは、ほかの人がダブって注射してしまわないように、裏返して石を抱かせて「注射済み」の合図にします。




今回は、1本目39匹、2本目30匹、トータル69匹の駆除成績となりました。




沖ノ島は高知の中でも最高のダイビングエリアです。


槙野隊1web


サンゴがきれい、
魚影が濃い、
そしてその魚体がみんなデカイ。


オニヒトデがあんまりいなくて、
駆除としては 「スカ」 の時もあるにはあるんですけど、
そんな時は割り切って、きれいな海でのダイビングを思いっきり楽しみましょう。


エイweb
岩穴をのぞいたら、寝ていたエイがびっくりして逃げていきました


mejinaweb.jpg
型のいいメジナの群れ 釣り師だったらヨダレだらだらもんですwww





今回は、懇親会までの夕方の時間を利用して、
黒潮生物研究所の中地所長に講師をしていただいた 「オニヒトデ生態セミナー」。
お勉強もきっちりするJUDFです。

でも朝早起きしてはせ参じた寝不足の身には、スライドセミナーはちょっと辛いものも~www
舟をこがないようにちょっと頑張りました。
お話が面白かったので頑張りはちょっとで済みましたケドww

オニヒトデセミナーweb



セミナーの後はお待ちかねの懇親会。
皿鉢をはじめ、出てくるお料理はどれもこれもみんなとってもおいしく、
ダイバーのお話はみんなとっても面白く、
大盛り上がりの懇親会は3時間オーバーがあっという間でした。




次の日は、東京&埼玉からはるばると来た関東組を
我らがバー浜にご案内です。

恥ずかしくないガイドをしなくっちゃね♪



LOG DATA
2016-24
EN 09:31  EX 10:21  BT 48min
Max 14.6m Ave. 6.6m
W. Temp. 23.0℃


2016-25
EN 12:23  EX 13:21  BT 57min
Max 13.7m Ave. 5.3m
W. Temp. 23.1℃







よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 「 にほんブログ村 」 ランキング への投票も 励みになります!
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ   にほんブログ村 アウトドアブログ バードウォッチングへ   にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします



  1. 2016/06/06(月) 22:21:59|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングと、始めたばかりのバードウォッチングをはじめ、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
バードウォッチング (49)
ダイビング (123)
高知の自然や景色 (12)
高知の文化やその他 (2)
その他 (1)
日記 (0)
休日の日記 (7)

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問アクセス数

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる