FC2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきて早16年目。高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

予想以上にスパルタンだったJUDFのInstructor Examination www!

さぁ、923-24日の連休は、
いよいよ、ONDさんのイントラ講習の検定試験、

IE」(Instructor Examination)です。

 

検定員は二人。
ボクに加えて、
JUDF
が誇る論客、
おそらく現在のJUDFで最も理論的で厳しい
Examiner
であろうと思われる、

大阪ダイビングカレッジ「マリン」の

YMMっちゃんにお願いをしました。

 

四国の仲間内にも 
Examiner
の資格を持ってる知り合いはいるので

そんなお人をちょろちょろっと頼んでくれば、

グッとイージーにことは済むのはわかってるんですけど、

やっぱり、

厳しいしっかりした研修を受けたんだ、
という経験も味わってもらいたくって、

あえてキビシー、いばらの道を設定してみました。

 

 

今回のIE参加者はONDさんのほかにはあとお二人。

福井のインストラクタートレーナーのKSKさんの生徒さん、

OBTちゃんとNKNくん。
いずれもハタチ。
OND
さん一人で講習生の平均年齢を釣り上げております(笑笑)

 

 

2日間の研修会、

簡単なオリエンテーションから始めて、
初日午前中はBLS/AEDBasic Life Support/AEDの使い方)の講習会。
JUDF BLS/AED
指導員の更新研修と一緒になって、
まずはスライド講義1時間+動画の視聴約20分、
その後はお互いの身体とレサシアンとを使った

救命救急手順のトレーニングを、段階を少しずつ踏みながら、
みっちりと行っていただきました。

 

午後は、学科口述(プレゼンテーション)のトレーニング。
今はあまり現実的ではないかもしれませんが、

学科のクラスで講義をすることを想定して、

与えられた項目「マスク」「フィン」「ウエットスーツ」

「水中の視覚」「窒素酔い」「減圧症」などについて、
テキストや副教材を用いながら、
多少トンチンカンなセツメーもありつつも
まずはなかなか上手に説明してくれました。

 

その後はいきなりではありましたが、

学科のテスト。

80点満点で、正答率80%(64問以上)をクリアしないと

有無を言わさず切られてしまうという

きびしい学科テストです。

本来は2日目にやろうと思っていたのですが、

2日目の予定が押し気味になる予感がしたこともあって、

もしかすると今晩一夜漬けをもくろんでいたかもしれないところ

申し訳ありませんが、

初日にテストを持ってきちゃいました。


ITC学科講習1web 

 

18:30ぎりぎりまで粘られたところで、

今日はタイムアップ。

 

テストは回収して、
夜中にホテルで採点です。

 

 

夕食はONDさんにもお付き合いいただいて、
パラオスポート時代の常連さん、
古―い友人のKYちゃんと久しぶりに会って、

カキとハマグリの食べ放題。

すっかり堪能させていただきました。

 

 

さぁ2日目はいよいよプール実技です。

マリンのプールは全長こそ12.5mですが、

水深が、1m、3m、5m、8mと設けられていて、

プール内壁には鏡張りになっていて、
自分のスキルやデモの様子が逐一見れちゃう、

すごい施設です。

毎回思うけど、こんな施設で講習できたら、
楽だよな~。

いきなりバー浜にぶち込んじゃう高知の現実とは、えらい違いだwwww

 

プール実習2web 

 

さてプール実技では

スキンダイビング項目として、

・スノーケル呼吸とクリア

・マスクブロー

・フィンワーク

スクーバ項目1

・レギリカバリーとクリア

・マスククリア

・フィンピボット

スクーバ項目2

・中性浮力

・水中脱着

・緊急スイミングアセント

を課題として出され、

皆さん目を白黒させながらも、一生懸命
デモンストレーションと講習をしてくれました。

講習に力が入りすぎると、周りの他の講習生が目に入らなくなって

いつの間にか一人いなくなって、プールの底で溺死体で発見されたりしていましたが、

(死にながら待っている役もツライwww 早く見つけてくれー)


プール実習1 

 

はじめのうちはYMMっちゃんは

「これじゃぁ合格は出せへん。もう一回来てもらわにゃーしゃぁないでー」

と辛口の批評でしたが、

皆さん遠方からの受講でもあるし、午前4時間の予定のプール実習の時間を延長して、
昼も食わずにっぶっ通しで午後4時までやって予定のプログラムを最後までこなして、

なんとか「条件付き」

(実際の講習に従事するにあたっては、指導ITの下で十分なインターンシップを積むこと)
ということで納得してもらいました。

 

おっかなびっくりで始めたプール検定も、

最後の方では自信をもって、
講習の指示通りに動けないダメな生徒にも優しく指導を加えつつ、
出来ないところには的確アドバイスを入れてできるように指導していって、

いいインストラクションぶりができて行ったのではないかと思います。

 

しっかし、めしも食わせないで7時間ぶっ通し。
これがスパルタってもんですよ。
JUDFの(っつーか、YMMっちゃんの)IE、おそるべし(笑)

バー浜でやってるISSYの講習なんて、あーまい甘い。

JNYに聞かせてやりたい。

 

 

さて、まーこういうこともあろうか、と、
学科テストは前日に前倒しで行っておいたわけですが、

一夜漬けなくして、学科テストの結果はかなりボロボロ。
1時間半を費やして採点結果の発表と、解答の解説をいたしましたが、

ONDさんこそちょーぎりぎりの64点、

若手の二人はちょっと下駄をはかせて・・・ってわけにはいかない得点で、

これも考えましたが、ちょっと甘いけど、学科テストに準じたレポートがあるので、

これを提出してもらって、その内容を見て、中身がきちんと書けていたら合格、とすることにして、それまでは合否保留ということにしています。

 

まあ合否保留だろうがなんだろうが
合格か不合格か、とという判定では、「条件付き」とは言えども

みなさん、「合格」を無事いただいたわけです

 

 

これはめでたい。

 

新インストラクターの誕生です。

 

 

これからの大活躍に、ぜひ期待したいとことです!

 

 

参加いただいた皆さん、

エグザミナーを務めてくれたYMMっちゃん、

ホントーにお疲れさまでした!

 

 

 

スポンサーサイト
  1. 2018/09/30(日) 19:28:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

ISちゃんがリピートしてくれましたよ~ & 初 柏島ビーチダイビング!

さぁ、いよいよ来週は、

ONDさんのイントラ講習の検定試験、

 

いわゆる「IE」(Instructor Examination)です。

 


検定員は、

四国でインストラクタートレーナーの資格を持ってる知り合いの誰かに

テキトーに頼んでもよかったんだけど、

 

やっぱりここは、

しっかりした人に頼んじょこうと思って、

大阪ダイビングカレッジ「マリン」の

YMTさんにお願いをしております。

 

YMTっちゃんキビシーからなー。
ダイジョーブかなーwww

 

 

って、

トレーニングは今週が最後だから、
いろいろツメてもよかったんだけど、

 

もういろいろやったし、

ナニやっとこうかなーと思ってたら、

 

今年の夏に講習をした、

「サカナ嫌い」のISちゃんと彼氏が

ファンダイブにリピートしてくれました!

 

これはうれしや♪

 

しかも二人とも、

ゴープロ とか、アイフォンのハウジングとか

買って持ってきてるし。

 

気合十分♪

 

でもそんなヨケーなもん買う前に、

自前の3点セットから買おうよ(笑)

 

 

ま、ちょうどいい機会なので、

 

ONDさんには、

「初心者を連れたガイディング」というテーマで、

グループコントロールを実践してもらいました。

 

 

23日 バー浜は濁ってたけど、

 

まずまずのダイビング。

 

ISちゃんもYSOさんも

とっても楽しそうに

撮りまくってました。

 

楽しそうで本当によかった。


(相変わらず、
サカナとかタコとかを見せると
「ヒ~~~!」って言いながら
バックして逃げていくけれどwww。
それが超おもろいwwww)

 

また来てね~♪


クロスジヒモムシ20180917web 

 このナゾの生物は クロスジヒモムシ というらしい。
ASMちゃんが引っ張ってます。

見つけた時は丸まってたけど、かなり伸びるwww




 

さて、お泊りした晩は、
相変わらず大ごちそうになって、

 


カツオの塩タタキ

 shiotataki.jpg

 


タコときのこのアヒージョ・タコの柔らか煮・キムチ豆腐

takotokinokonoahi-jo.jpg 

 

他にもいっぱいあったけど撮り忘れた。
ONDさん・AKちゃん、京きななのKっちゃん・OISちゃん、
たいへんごちそーさまでした!

 

 

ご飯の前後、夜はみっちりと学科講習。



でもさすがはドクター。

思ってた以上にしっかり勉強してらっしゃるし、

これなら学科テストとかも心配いらないかなー。

 

すこし安心。

 

 



翌24日はもう、ファンダイブだけ~。


ONDさん、来週がんばってね~www

(無責任)


 


まずは バー浜で一本。


イボイソバナガニyg

イボイソバナガニ子ども20180917web 

ピンアマでかっこわるいけど。




ニシキフウライウオ(白)

ニシキフウライウオ白20180917横web 

あとから見に行ったJNYさん情報では、ペアでいたんだって! いいなぁ~!



ネジリンボウ

ネジリンボウ20180917web 

ほぼ ノートリ。




これはなんでしょう?


コウイカ正面顔20180917web 




正解は、


 コウイカ20180917web


コウイカ でした♪



動画:コウイカ歩くあるく(0’39”)





柏島に移動して、

 

初!柏島ビーチダイビング。

 

いわゆる「赤灯台下」を教えてもらいました。


kashiwajima.jpg 

 パノラマだから つなぎ目がちょっとヘン(笑)

 



ここは潜るのは初めてだったけど、

 

いいわ~♡♡

 

 

 

急斜面で

水深がどんどんとれるし、

 

透明度いいから

中層を漂うような
ちょっぴりブルーウォーターダイビングみたいなこともできるし、

 

はまりそう。

 

 

ついつい深場にひかれて、

 

スーッと35まで落ちてしまった。

 

 

(そしたらISSYが深場に行ったっきり上がってこないって、

ONDさんがスゲー心配してくれてたみたい。ごめんなさい!)

 

 

 

とにかく、

まー赤灯台下の楽しいこと!

冬場は荒れそうだけど、

秋口行けるところまで、

ちょっと今年はここに通っちゃおうかしら♪



キビナゴの群れ

キビナゴ柏島0180917web 

カナシーかな。すごさ、素晴らしさが、写真ではちーとも伝わらない。




スゴイ群れのキビナゴに突っ込む楽しさって言ったら!!

今度は動画で頑張ってみよう。

キビナゴ柏島01809172web 






中層浮遊から、砂底に目をやると、


コウイカトリプル20180917web 

 

でっかめの コウイカ が三角カンケーを演じてました。








 

 

今回のDIVING LOG

 

2018-28 (2018-09-16 バー浜)

(初心者のガイディング&グループコントロール)

EN 09:07 EX 10:18

BT  58min

Max 23.0m Ave 10.4m

W.Temp 26.1

 

 

2018-29 (2018-09-16 バー浜)

(初心者のガイディング&グループコントロール)

EN 12:08 EX 12:58

BT 49min

Max 20.7m Ave 9.4m

W.Temp 26.3

 

 

2018-30 (2018-09-17 バー浜)

EN 08:19 EX 09:41

BT 79min

Max 26.4m Ave 12.5m

W.Temp 25.1

 

 

2018-31 (2018-09-17 柏島 赤灯台下)

EN 11:13 EX 12:18

BT 63min

Max 35.5m Ave 12.9m

W.Temp 25.0

 

 

 

 

  1. 2018/09/20(木) 21:38:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

バー浜で魚を採らないで~

バー浜に

ミジンベニハゼが
たくさん湧いている、

 

と書いたのは

つい先週のことですが、


ミジン201809021web 

 

 

その中でも

いちばん浅いところ

 

13m のところで

みんなで 貝殻でマーキングして

観察していた

「キリンレモン」のビンの ミジンちゃん

 

 

今日潜ったら、

ここのミジンベニハゼが

 

なんと

 

ビン ごと なくなってる!!

 

 

 

その近辺の ほかの居住物は 変化がないから、

波 や うねり で持って行かれたのでは ない。

 

 

ビンが その近くに転がってるってこともないから、

誰かが ミジンベニハゼに 気が付かず

ビン を 動かしちゃった ってわけでも ない。

 

 

 

 

これは 誰かが ビンごと 

ミジンベニハゼ の ペアを

「採って(盗って?)っちゃった」

としか思えない。

 

 

ミジン正面20180902web 


 

う~~ん、、、

今はそういう時代じゃないでしょ。

 

 

 

スクーバダイビングで魚を採るのは

止めましょうよ。

 

 

 

 

ましてや、

ダイバーの集まるダイビングポイントで、

みんなでマーキングして

観察を 楽しみにしてる 個体なんだからさー。

 

 

ミジンでてこない20180902web 

もう出てこないよ~! 


 

一説によると

近海種で海外採取物の流通のないミジンベニハゼは

大変「高価」に取り引きされるというお話もありまして、

 

ネットで検索すると

ペアで35,000円!

なんていうお取り引きの情報もありました。2011年のお値段ですけどね)

 

 

 

 

まー、かくいうボクも、

大昔(3ムカシ以上前だなーww)には

 

近海物の海水魚で

普通の流通に乗らないような種類

(たとえば サクラダイ とか キンチャクダイとか

マツカサウオ とか ゲンロクダイ とか)

 

を 採集して 熱帯魚屋に卸して

お小遣いを稼いでいた、

 

なーんて黒歴史もあるしー(汗)

 

(でも、当時は、食用魚介類を獲らずに

鑑賞用の海水魚を採るダイバーは

「いいダイバー」として評価されていたのだwww

 

ミジン201809022web 




今年、台風の被害で、山本さんちの水道がぶっ壊れたのに

 

もし、修理代が何十万も要るのなら、

そういう方法で、資金集めをするのもアリかなー

(バー浜のお金はバー浜で稼ぐ~) 

なーんて、ちょっぴり考えてたから、

(もちろん 半分冗談でねw(ってことは半分マジか))

 

エラそーなことは 言えないけどさぁーwww

 



 

ミジンを採ってった人~!

もーし、これを読んでたら、

ぜひ、バー浜での海水魚採取はやめてください。

 

バー浜は、

みんなが 魚の観察 を楽しみにしているところです。

ブログ や FB で情報を公開・交換したり、

現地のサカナの場所をマーキングしているのは、

バー浜を楽しむダイバーみんなが 情報を共有し、

珍しい、かわいい魚を観察しやすくするためのことです。

 

サカナの採取を助けるためのものではありません。

 

そういう行為は、

ぜひ、ほかの、他に人の入っていない海で、

こっそりひっそりと行ってください。

 

どうか お願いいたします m(__)m

 





 

 

さて、気を取り直して、

今日出会ったお魚たち。

 

 

エントリしてすぐにいた

クラゲ~

クラゲweb 

プカプカと気持ちよさげだったので パチリ。


 

 

ワカヨウジ 結構でかかった。
マクロレンズじゃ歯が立たないのでお顔のアップでww

ワカヨウジ顔のアップ20180902web 

どアップにすると 眼が血走ってるみたいで コワいwww

 

 

 

モンヒモウミヘビ 3個体並んで、にょきにょき出てました(笑)

「惑星直列」みたいにして撮ればよかったw

 モンヒモウミヘビ20180902web

すぐにズボズボ引っ込んじゃったけどww 



 

ミジンちゃん ペアで

オスはシャイでなかなか出てきてくれない。

 ミジンペア20180902web

 



 

先週もいた真っ赤なカエルアンコウ

イロカエルアンコウかなぁ

今日は少し移動した岩陰にいました。

 カエルアンコウ20180902web

 

 

マクロレンズで撮ると

こんな感じです。

眼のドアップwww

 カエルアンコウ赤眼のアップ20180902web

 



 

今日粘ってたのは、

ミジンちゃん の  あ く び ♡


ミジンベニハゼあくび120180902補正web 



 

 

おっさんの反射神経とフォーカス技術では

これぐらいが精いっぱいみたい(泣)

 

ミジンベニハゼあくび320180902web 


 

マジでカメラの買い替えを考える 今日このごろ・・・

 

 

 

 

今回のDIVING LOG

 

2018-26 (2017-09-02 バー浜 イントラ講習)

(今週も水中のダイビングスキルデモンストレーションや 
7mからのフリーアセント、
水中スクーバ脱装~浮上、素潜りで着装・回収などのトレーニング♪)

EN 09:46 EX 10:35

BT  39min

Max 7.8m Ave 5.9m

W.Temp 27.7

 

 

2018-27 (2017-09-02 バー浜 中央~)

EN 11:53 EX 13:32

BT 93min(超ヘンタイ的なボトムタイムがなんだか当たり前になってきたwww)

Max 22.9m Ave 11.3m

W.Temp 26.4

 

 

 

 

 

 

 

  1. 2018/09/03(月) 22:30:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
バードウォッチング (49)
ダイビング (140)
高知の自然や景色 (12)
高知の文化やその他 (3)
その他 (5)
日記 (0)
休日の日記 (7)
アクアリウム (2)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問アクセス数

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる