fc2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきてもう20年目! 高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

久々のファンダイブはニョーボ孝行を兼ねて?!

先々週・先週のウィークデイは 公私に忙しく
けっこう つっぱしってて、

先々週1週間仕事を休んだカンケーもあって、
今週土曜日も一日お仕事で、
で、先週・来週の日曜日は今年最初で最後の海洋講習。
ということは、
今週の日曜がファンダイブのチャンス♪

ニョーボには、
「この辺で一日ぐらい休んだら??」と言われちょったし、
実際、疲れがたまって
背中や腰が痛んでツラかったんですが(年だなぁw)
土曜日に鍼灸院に鍼打ってもらいに行って、
それも改善させて(やっぱり年だwww)
今日の日曜はムリクリ、ファンダイビングに行ってきました、

 

昨日の海況は、強風で荒れ模様だったそうな。
潜りに行った友人からは、
「荒れてたからやめた」と連絡も受けてましたが、
ま、ボク一人なら多少荒れててもだいじょうぶやろ、
と行くことにしたところ、ニョーボが
「あたしも付いてっちゃろうか?」(潜りはしない)というので、
久しぶりに一緒に連れて、大月町に行ってきました。

5時出発の時の気温は、9℃。
途中の窪川(四万十町)の道路温度計は、4℃。
もうずいぶん寒いです。
来週の講習、だいじょうぶやろうか。
それより、
いいかげんに熱帯魚の水槽にヒーター入れないとヤバいなww


1
本目は柏島。

 

S__31162374web.jpg 

 

先週はバー浜も柏島も、
年に一度あるかどうかという超絶良好透明度でしたが、
その後ほぼほぼ一週間荒れた結果、
今日の透明度はフツー。
ただ波はほとんどなく、
EN
EX は問題なし。
取り立てて珍しい魚には出会えなかったものの、

ゆっくりのんびり ソロセルフを楽しんできました。
(その間ニョーボは昼寝を楽しんでましたww

 

ハタタテハゼ20201025web 

ハタタテハゼ

 

 

ハシナガウバウオ
ハシナガウバウオ20201025web
図鑑写真には今一つ(笑)

 

 

ちょっと珍しいかな、ヒメフエダイの幼魚

ヒメフエダイ幼魚20201025web 

 


実はかなりのアゲインストで、

結構行くのは大変でしたが、
そこはブルーコーナーの激流で取った昔の杵柄(笑) 
ハゼゾーンの先まで、久しぶりにがっつり逆流を泳ぎました。
(でも流れが強いせいか、ハゼはほとんど出てない(笑))
こんなのも一人だと楽しい♪
人連れてたら、こうは行かないwwww

 S__31162378web.jpg



2本目は、

来週の講習の下見(荒れ具合と透明度)と、
OND
さん、KMちゃん、NOちゃんが来てるので、
顔だけ見にバー浜へ。


S__31162379web.jpg
エントリーしてる豆粒みたいのが ボクwwww

浅場は透明度悪いけど、
深場はまあまあ。
荒れ具合も、これぐらいなら講習も大丈夫かな。

来週の風をよく見とかなきゃ。



三角大岩裏のオキナワベニハゼ 

オキナワベニハゼ図鑑写真20201025web

図鑑写真w


こちらは幼魚

オキナワベニハゼ幼魚20201025web 

体長1.5㎝ぐらいかな

 


ウミタケハゼ図鑑写真20201025web 

ウミタケハゼ

 

ちょっとメルヘン調 

ウミタケハゼアップメルヘン20201025web

顔のアップ

 

 

白化からだいぶ色が戻ってきてきれいな色合いになった
イソギンチャクの、クマミノの幼魚
クマノミ幼魚20201025web


正面顔。
クマノミ幼魚202010252web

左のヒレも出てれば満点www

 

 

これはナーんだ??
マガキガイ目のアップ20201025web

正解は、チャンバラ貝(マガキガイ)の目 笑笑


上がり際の浅瀬では、
カエルアンコウオレンジ20201025web

オレンジ色のカエルアンコウ

 

来週もいてくれ~m(__)m


三浦さんでひとくさりおしゃべりして
(主にニョーボと三浦さんが)

お昼は宿毛駅前のラーメン屋さん、
「まんき屋」で辛ネギラーメン。

IMG_20201025_135302.jpg
某〇ジローのバジルの乗った変わり種ラーメンなんかより、
ボクはこっちのほうが好きかな。

フツーにおいしいラーメンで、メニューもいっぱいあるし、

3時までとかの時間の縛りもないし。

 

帰り道は、ニョーボのRQにこたえて
Boulangerie Yamasakiya
さん でパン買って、
ビオス大方 でレモネード(←おすすめ!)飲んで、
デュロックファーム で絶品豚肉買って、
あぐり窪川 でお米買って、
ゆっくり帰ってきました。

 


ま、そこそこニョーボ孝行ができたかな。

S__31162381web.jpg

 


今回のDIVING LOG

DATE2020-10-25 ①

LOG2020-71
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/Solo

EN 08:29 EX 09:37
BT  68min
Max
 28.3m Ave 14.7m
W.Temp
 24.7

 

DATE2020-10-25 ②

LOG2020-72
POINT
:バー浜
DIVE
/Solo

EN 10:51 EX 11:57
BT  65min
Max
 22.4m Ave 12.8m
W.Temp
 25.1

 




ウソです。
疲れてんのに休みもせずに、
潜りに行くっつーボクを心配して
ついてきてくれたんです。

どうもありがとう。

 

 

スポンサーサイト



  1. 2020/10/25(日) 21:51:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

今季初講習!

今年はコロナ禍で、
春先から夏にかけて対外活動がほとんどできず、
困った年でしたねー。
大学のサークルも活動できず、
高知大潜水部の新入生講習もなし。

その反動?で、秋口の今頃になって、
講習のお問い合わせをいくつかいただいて、
本当は先週やる予定だったんですが、
私用で一週遅らせてもらって、
今日が今年の初講習でした。

講習生の方は、おねぇさまお二人様。

お二人のお心掛けがよっぽどよろしいらしく、
バー浜は年に一度あるかないかというぐらいの好コンディション。

波なし、透明度よし、水温あったかし♪♪

水がきれいだと講習も楽しー!

講習はそれなりに苦労しつつも、
ダイビングを楽しんでもらえたようでよかったです。


講習MYSさんSSKさん202010183web

次回の仕上げは111日。
今日と同じぐらい、いいコンディションでありますように!

神さま仏さま、父上さまm(__)m

 

今回のDIVING LOG

DATE2020-10-18 

LOG2020-70
POINT
:高知県幡多郡大月町竜ヶ迫白崎「バー浜」

EN 13:47 EX 14:35
BT  46min
Max
 10.8m Ave 6.0m
W.Temp
 25.6

目的:OW海洋講習(午前スキンダイビング・午後スクーバダイビング)
トレーニング項目:
スキンダイビング:水面移動(フィンスイム)、スノーケルクリア、マスクなし呼吸、BCオーラルインフレート、水面BC脱着、ウエイト脱着、スキンダイビング

スクーバダイビング:スクーバ水面移動、潜行・浮上、スクーバ水中移動、レギュレーターリカバリー・レギュレータークリア、水中サインの確認、残圧の確認、マスククリア、水中マスク脱着

見られた生き物:ソラスズメダイ(青い小魚)、チョウチョウウオ、クマノミ、モンハナシャコ、バカでっかいウツボに間をスリ抜けられる笑笑、でっかいナマコ(バイカナマコ)、透明なエビ(オドリカクレエビ)、クマノミの幼魚の群れ(かわいい)、カマスの群れ その他いろいろ~♪

 

 

  1. 2020/10/18(日) 22:52:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

父の死去

20201010日、父が亡くなった。
享年88歳。

日本人男性の平均年齢より長く生きられたのだから、
長命であったというべきだろう。

2
年前に母を先に亡くしてから、
息子的にはやや不本意ながら、
「独居老人」という生活をさせてしまった。

本人が自宅での生活を望んだので致し方ないことではあるが、
不自由な暮らしをさせてしまったという悔いは
どうしても残る。


特に、食べるものについては
晩年は、どうしても単調な食生活だったと思う。
朝はバナナのスライスにヨーグルトをかけたもの
昼は(気が向けば)菓子パン
夜はレトルトのおかゆにふりかけ。
これだけの食事に加えて、医療用の経口流動食を
飲み物代わりにして、栄養を保つ、
そんな食生活であった。
食べるものにほとんどこだわらない人だったからこその
単調な食事だったが、
ボクだったら耐えられないと思う。

 

2019年もそうだったが、
夏場には体調を崩しがちで、冬になると少し持ち直したものの、
2020
年の夏も、食欲が落ちて
体重もかなり減った。
身長がボクより大きく、178㎝ぐらいあって、
同年代の人にしてはかなり大柄な人であったが、
2020
年の前半には50キロはあった体重が、
夏を過ぎたときには47キロまで落ちていて、
文字通り「骨と皮」のようなありさまだった。

ベッドからトイレや食卓への移動に際して
強い息切れを訴えるようになり、
酸素カニューレの使用を開始、
10
月最初の週末に会いに来たのが最後になったが、
その時はまだ、酸素吸入をしながらも、
食卓でおかゆ一皿を食べる元気があった。

その数日後、目立って元気がなくなり、
食欲もほとんどなくなり
1
日に口にするのが、カルピスコップに半分とか
経口流動食を数匙などというようになり、
介護関係者の担当者会議で
本人には何とか納得してもらって
24
時間看護体制のある施設に
一時的に「ショートステイ」にはいり、
体力がいくらかでも回復したら、
また自宅療養に戻る、という計画で、
次の週が明けたら、月曜から施設に入所、
という運びで話を進めていたところだった。

亡くなった土曜日は、それを決めた翌日で、
朝食のときに「見守りカメラ」で見ると、
父は目を覚ましていたので
「お父さん、おはようございます。大丈夫ですか」
と声をかけると、父は

うー、とか、あー、とか、聞き取れない言葉とともに
「ひろちゃん、ひろちゃん」とボクを呼ぶのが聞き取れた。

それ以外は何を伝えたいのか聞き取ることができなかったので、

「仕事に行く時間になったので、一度切りますね」
といってカメラを切ったのだが、
その1時間余り後、職場で手が空いた時を見計らって
カメラをつないでみると、状況は一変していた。

珍しく、口を大きく開けて、寝ているのだ。
いや、よく見ると、寝ているのではなく、
目も開いているように見える。
口を開けて寝ていることはままあることだったが、

起きていながら大口を開けているような人ではない。

目も口も開いているのはおかしいと思い、
「おとうさん、聞こえますか、お父さん」
と呼びかけても、まったく返答や変化はない。

よくよく見ると、下半身がズボンもパンツも卸してむき出しになっている。

これは、ベッドサイドのポータブルトイレを使って
ベッドに戻った後に異変があって、
ズボンをはきなおすこともできなかったようだ。

すぐに近所にいるケアマネージャーさんに来てもらったところ、
その時にはすでに、
こと切れている状態だった。

 

その後、訪問診療の医師が来て死亡診断書を書き、
その時間は1017分となっているが、
実際には、8時ごろにカメラ越しにボクに呼び掛けてくれた後、
9
時過ぎにカメラをつなぎなおすまでの1時間ぐらいの間に、
亡くなってしまったものだろう。

 

最後に何を伝えたかったのか、
何を訴えたかったのか、
カメラ越しでは聞き取ることはできなかったのだけれども、
それを聞いてあげられなかったことが、
少し悔やまれる。

しかし、亡くなる直前に声をかけられたこと、
コンタクトがとれたこと、
そして何より、第一発見者が自分であれたことは、
よかったと思っている。

 

週明けには家を出て、ショートステイに行くはずだった。
自宅での逝去を希望していた父は、
本当に同意していたのか、と少し思う。
意志の力で、力業で逝ってしまったのか?

 

命日は1010日。
カンケーないけど、目の愛護デー。

語呂合わせの好きだった父ならではの
「とうとう命日(10-10目-ニチ」だ。

 

 

 

  1. 2020/10/11(日) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

貝殻の真珠層標本を作ろう! 「真珠貝」の作り方

先週末は 海なしホーイチ だったんで、ブログアップはなしだったんですが、
不思議なことに、アップしてないとなぜかアクセス数が増えるwww

申し訳ないので、ちょっと息抜き。

アワビやサザエの貝殻の内側が、
キラキラ光る「真珠層」になってるのはご存じですか?

貝殻表面の石灰層を除去して、
この真珠層をむき出しにして、
ピカピカの「真珠貝」にするってのが、
その昔流行りました。

活魚料理屋さんなんかに、ピカピカのアワビとか
よく飾ってありましたねー。

ボクもダイバーになりたての頃、
(それこそウン十年前のお話www)
作り方を教わって、やってみたことがりましたっけ。


pearl shell

今日はその作り方。

①貝殻を手に入れる
・あくまで合法的に手に入れましょう
・ダイビングで採ってきてはいけません
・とっていいのは写真だけ、残していいのはエアーだけ。
(ボクの場合はトコブシの貝殻を貝屋さん
元ダイブショップECO「いけや」でもらってきた)

 

②貝殻表面をたわしなどできれいに洗う

 

③アルカリで処理して表面の付着物を除去
・キッチンハイターを倍ぐらいに薄めたものに10分ぐらい漬けて、よく洗う
・フジツボとか余計なものがついてたら、それも取る

 

④酸で処理して表面の石灰層を溶かす

・トイレ洗剤「サンポール」(類似品が100均でも売ってる)が
塩酸9%ぐらいなので、3倍ぐらいに希釈して、貝殻を漬ける
・シュワシュワと石灰層が溶けるので、時々取り出してたわしで洗う
(手袋したほうがいいです。ボクはしないでやってたら、
指紋認証ができなくなりました笑笑
→今は指紋の無いオトコw ハンザイしホーダイ?!)

・溶け具合とピカピカになり具合を見ながら、漬け時間を調節

(漬けすぎると穴が開いちゃうので注意)

 

⑤あと一歩、と思ったら、酸を弱酸に変える
・掃除用のクエン酸をテキトーに溶かしたものや、
食用酢(酢酸)でもいいかも
・弱酸に変えたら、10分毎とかにチェック

石灰層がきれいに溶けたら出来上がり。

(※絶対的な注意事項としては、
ハイターとサンポールの間に
貝殻をしっかりと水洗いすることと、
ハイターとサンポールを絶対に混ぜないこと。

この二つが混ざると、猛毒の塩素ガスが発生し、
あなたのお部屋が「ガス室」になる恐れがあります。
できれば工程としてしっかりと分けて行い、
同時進行で二つの容器で進めたりしないようにしましょう。)

 

まー、酸の濃度と漬け時間が勝負なわけですが、
いられ(気が短い:の土佐弁)のボクとしては、
さっさと溶かしちゃいたいので、
酸を濃い―めにして、気が付くと
穴が開いちゃってたり、
薄めのにして漬けっぱなして、すっかり忘れて、
思い出して見にいったときには
やっぱり穴が開いちゃってたり。

10個ぐらいもらってきたのに、
ほとんど穴あきになっちゃいました。


お人柄が試される作業です。
丁寧に、気長にやるといいでしょうね。


1枚目と同じ写真ですが、
pearl shell
肉眼で見るとけっこうピカピカなんだけど、
写真だとまだ石灰層が残ってるように見えますねー。
(特に小さい上の二つ)
もう少し漬けてみるか→これが穴あきのもとwww




クエン酸に小一時間ほど漬けた結果!

DSC_0039.jpg

ピッカピカ~♪♪



こうなると、

DSC_0042.jpg

かなりスッケスケ~www







でも・・・





やっぱり・・・・・




DSC_0041.jpg

 (泣)



  1. 2020/10/07(水) 17:44:00|
  2. その他
  3. | コメント:0

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
バードウォッチング (52)
ダイビング (358)
高知の自然や景色 (20)
高知の文化やその他 (11)
その他 (9)
日記 (12)
休日の日記 (21)
アクアリウム (10)
ねこ (8)

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる