fc2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきてもう20年目! 高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

天気は悪くても 冬の海は 透明度最高!

今週末は天気予報が思わしくなかったので
たまには行かずに家でゴロゴロ~とも思っていたのですが、
雨のつもりだった土曜日も案外よかったので
悩みながらもついつい来ちゃいました。

  

柏島
柏島20210228雨web

やっぱり雨笑笑

 

風がビュービュー吹いて、
すごい寒いです。

 

 

柏島に行く道にいたお猿さんも
あまりの寒さに顔を真っ赤にしています。
柏島サル20210228web

(いつもだって!)

 

でも風向きが逆なので、
ビーチの海面はほぼ問題なし。

とってもいい透明度でダイビングが楽しめました。

 

 

ひっさしぶりに見た、キツメネネジリンボウ
キツネメネジリンボウ20210228web
その名の通り、目がキツめね。

(ストロボの当たり具合のせいです)

 

 

サラサゴンべ
サラサゴンべ20210228web

大好きな魚なんだけど、なかなかキレイな写真が撮れない。

 

 

クダゴンも定位置にいました♪
クダゴンベ202102281web

ちょっと口を開けたところ

クダゴンベ20210228口開けweb 

 

寄ってアップ

クダゴンベ202102282web 

 

どれぐらい透明度が良かったかっていうと、
30m
の水底から、
水面のさざ波が見える!

それから、5mの鉄パイプ(旧フリソデ城)から

下の鉄枠がくっきり見える!
toumeido.jpg

っつーことは、2530mぐらい抜けてるってことかな!

 

 

 

でも陸に上がると、
風が強くてツラいので(笑)
2
本目はバー浜に移動。

 

 

バー浜は、浅場は透明度悪かったけど、

少し入ればとってもキレイ♪

 

 

透明度がいいので、少し深場をうろちょろしてから(?)
今日も右に行ってみました。

 

 

ここに来るのも久しぶり。
ハナダイの根(?)
アカオビハナダイ20210228バー浜2web
「根」っちゅうか、廃棄ロープの塊なんだけど。

 

 

昔はカシワハナダイとかケラマハナダイがいたと思うんだけど、
今日はハナダイの群れがアカオビハナダイに変わっていました。

 

かなり粘ったけど、
なかなかいい写真は撮れませんえん(泣)

アカオビハナダイ20210228バー浜web 

手前のメスじゃま!


 

でもきれいだし、粘りがいがあるよねー。

冬の間にまた来て粘ろう。

 

 

上がり際、誰か鬼殺隊にやられたオニがいるぞ、と思ったら、
oni.jpg
前回ボクがしとめたヤツだった。

 

な~む~(合掌)

 

 

DATE2021-2-28 

LOG2021-10
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/Nobody

EN 08:19 EX 09:36
BT  77min
Max
 29.7m Ave 13.1m
W.Temp
 19.3

 

DATE2021-2-28 

LOG2021-11
POINT
:バー浜 右
DIVE
/Nobody

EN 11:19 EX 12:24
BT  65min
Max
 28.1m Ave 11.6m
W.Temp
 18.9

 

これからの予定:

20213月】

この先はお天気次第かなー。
20
21はどちらか行きます。
あとはお天気がいい日を選んで。同乗・同行大歓迎♪

 

 

 

スポンサーサイト



  1. 2021/02/28(日) 22:37:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

桃太郎あらため金太郎? いーえイマドキは「鬼殺隊ダイバーズ」!

FBのダイビンググループ(クローズグループ)ではご案内をしていましたが、
今日は急遽、高知県宿毛市「足摺宇和海国定公園」沖の島の
環境保全事業「オニヒトデ駆除」が入りました。

要するに、3月の年度末が近づいてきて、
県の環境保全系の予算が若干ゆとりの見込みになったんで、
今のうちに使ってくれっ ちゅうことらしい。

JUDF
の事業だと一般ダイバーを募ってってことになるんですが、
(ボクはいれば誰かトモダチ誘おうと思ったんだけど残念ながらご応募もなく)
今回はプロばっかし。

・大月在住の海洋研究家のセンセ―(ジョ〇―さんのそっくりさん、と言ったほうが知ってる人にはわかりいいか笑笑)
・国定公園ボランティアスタッフの方
・沖の島在住の方
JUDF四国インストラクター(パシマリのスタッフ)
と、ボク。
5
名の少数精鋭でのオニ退治となりました。

 

エスポワール20210221web 
「パシフィックマリン」の大型ダイブクルーザー「エスポワール号」
今回もお世話になりました!

 

 

これまでこの地域のオニヒトデ駆除は「酢酸注射法」を使っていましたが、
この方法は、効果が高く危険性が低い、というメリットがありますが、
・準備(酢酸や注射器セットの用意)がめんどくさい
・専用の注射器が高い
・その高い注射器をみんながやたらぶっ壊す
等々のデメリットもありまして、
現在はこちらのスタイルになっています。

オニ退治道具20210221web

こいつでアックスボンバー(古!)をぶちかますのだ!
※注)昔のハルク・ホーガンというプロレスラーの得意技
AX20210221web.jpg

 

こちらは
・壊れない
・準備も使い方もカンタン
・ちょっと危ない(ぶちかますときに刺されないよう注意)
といったメリットとデメリット。



この企画は「オニ退治」なので、これまで「桃太郎ダイバー」と言っていましたが
使う道具が「オノ」に変わったので「金太郎ダイバー」に変更だな。
いや、イマドキ鬼を殺すのはキメツの「鬼殺隊」だ!
日輪刀ならぬ日輪斧ですな。
ってことはオニ退治あらため「鬼狩り」だ。

沖の島20210221web

沖の島が見えてきた

 

 

新しい「鬼狩り」の手順は

  

オニヒトデがサンゴを食べた跡(食痕)を目印に探します。
食痕とオニヒトデ20210221web

 

 

いたいた。


引っ張り出して、
オニヒトデ20210221web


ざっくりサイズを計測して
サイズ測定web


ぶちかます!
斧攻撃20210221web

 

 

高知ならでは「オニのたたき」の出来上がり~♪
オニヒトデのたたきweb
(タテヨコ5発ずつぐらい叩いております)



狩った後は、ここの食痕の周りをほかの人が探さないように
ちょっと割っておきます。
食痕は割っておく20210221web
どうせ死んじゃってるサンゴだからね。

 

 

5名の鬼殺隊 2ダイブで 30匹 の 鬼狩り ができました♪

しかし、酢酸注射法はなんとなくインテリ感のある駆除方法だったけど、
斧で叩き潰すのは単純なバイオレンス&スプラッターの世界だなwww


かくして、沖の島の平和は今日も守られたでやんす。
沖の島サンゴ20210221web

 

水温は約20℃。
お天気も上々、気温も20度近くまで上がったんじゃないかな。

ボートダイブは寒いかな?と思ってたけど、
ボートコートすら羽織る必要がないぐらい、
ぜんぜん楽勝でした♪
2本目はバブも使わなかった)

 

 

沖の島のその他の写真

でっかいアカウミガメ
大亀20210221web

サザナミヤッコ
サザナミヤッコ202010221web

タテキンの思春期(子どもから大人になりかけ)の子
タテキン未成魚20210221web

ベテランぞろいの鬼狩りは半分ファンダイブ♪(笑)
(もちろん真面目にオニを探してますけどね!)



昼はボートの上で
伊之助うどん(笑)
伊之助うどんweb
分厚いイノシシのチャーシューが
これでもか!というぐらい乗ってるボリューミーな逸品!
分厚いイノシシの脂が何ともうまい!
お腹も大満足♪

 

 

2ダイブの鬼狩りの後、
センセ―が沖の島の港の中を調査で潜るというので、
一緒に潜らせてもらいました。

思ったよりドロドロヘドロっぽい底土。


クサハゼ
クサハゼ20210221web

カスリハゼ
カスリハゼ20210221web

なんかがいましたが、
とにかく速い!

遠くから、「見つけた!」と思った瞬間に引っ込む。

マツゲハゼ?20210221web
マツゲハゼ だと思う。初めて見た。
こいつもマッハで引っ込む。(スゴイ遠くから撮った写真の鬼トリ&色補正)


ラッパウニには、こいつもお初ではなかろうか。
ゼブラガニとは違う、変わったカニ。
ムラサキゴカクガニ20210221web
調べたら ムラサキゴカクガニ っていうらしい。
珍しいからセンセ―にも見せちゃろうと思ったら、
置いている間にウニから逃げちゃったみたい。
ずいぶん突っつきまわしたからなぁ笑笑


鬼狩りの後は、
お初モノも見れて楽しいファンダイブでした。

帰路20210221web
帰路につきましょ!

 


港に帰ってきたのは15:30ぐらい。

1900過ぎには人に会う約束があったので、
大あわてで帰ってきました。

ご一緒したみなさん、
きちんとご挨拶もせずに帰っちゃってすみません!
また「鬼殺隊」に入れてくださいね~♪


これ読んだ皆さんも、次はぜひ一緒に
バイオレンス/スプラッターの世界をご一緒しませんか(笑)

JUDFの企画としては、5月、10月の最終土曜を予定しています~♪)


 

DATE2021-2-21 

LOG2021-7
POINT
:沖の島 トリノクビ
DIVE
/:鬼殺隊

EN 09:54 EX 11:01
BT  67min
Max
 13.4m Ave 6.0m
W.Temp
 19.8

 

DATE2021-2-21 

LOG2021-8
POINT
:沖の島 赤崎2番
DIVE
/:鬼殺隊

EN 11:41 EX 12:37
BT  56min
Max
 18.2m Ave 10.6m
W.Temp
 19.8

DATE2021-2-21 

LOG2021-9
POINT
:沖の島 母島港 港内
DIVE
/SHUセンセ―

EN 13:54 EX 14:36
BT  38min
Max
 12.6m Ave 8.7m
W.Temp
 19.1

 

これからの予定:

20212月・3月】

この先はお天気次第かなー。
天気がいい日を選んでいきます。同乗・同行大歓迎♪

 

 

 

  1. 2021/02/21(日) 23:50:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

イッシーエステート 現地視察の巻

さて今日は、
先週行けなかったから、
柏島ビーチ&バー浜のはしごダイブ。

冬のダイビングは付き合ってくれる人が極端に少なくなるので、
ソロが多いんですが、
一人は一人で自分の時間で行けるので、ラク♪

朝は4時半(正確には0427)高知出発
三浦さんち着は、今日は須崎まで下道を使って、650分。
図2web
下で来ても2時間20分ぐらいでつくんだな。
高速って、やっぱり15~20分しか変わらない。
570円(伊野―須崎東)はやっぱり割高かなぁ?

 

ってこういうペースで行くと、
8
時前にはエントリー。

結構長々潜って、
1
時間半しっかりサーフェスインターバル(水面休息)をとっても、
なんだかんだで4時過ぎ!ぐらいには家に着く。

夕方にはほかの家の用事もすることができる、
楽々タイムスケジュール♪

 

 

1本目の柏島ビーチは、
天気が曇りで水中がちょっと暗かったかな。

1.5番ブイの絶景サンゴ礁エリアまで行ったけど、
動画の絵は暗めなので、今日はNG


ミドリリュウグウウミウシ20210214web

柏島ビーチで一番目にするウミウシ ミドリリュウグウウミウシ
通年います。
なんか、ゴム手袋っぽい(笑)



オルトマン20210214web
オルトマンワラエビ
も、ボクが撮るとこんな感じになっちゃうwww



アカイソハゼ?20210214web

サンゴの上で休んでた、アカイソハゼ?かなぁ。

一枚シャッター切ったらマッハでいなくなった(泣)




2
本目にバー浜に移動して準備してたら、
OND
さんから着信アリ。

バーねこ人相悪し20210214web

「今日はあげるものが何にもないんよ、ごめんね」

「ケチ!」



「今から行きます!」とのことだったので、
ちょっと待って、お久しぶりにご一緒して
ミジン団地に遠征。

以前設営させてもらった
イッシーエステート施工管理のミジン住宅の様子を
とっても久しぶりに見てきましたwww


ミジン団地イッシーエステートONDさん20210214web

ONDさんとご一緒するのもおひさ。
(左下の6棟がイッシーエステート)


 

当社施工のミジン団地、健在でした!
6
戸、整然と並んでます。全室南向き(笑)

ミジン団地イッシーエステート20210214web

 

入居者は残念ながら2棟。
前列・後列ともに真ん中は入居ありでした。
(ペアかどうかは不明。独身っぽかったかも)

ミジンイッシーエステート20210214web

残りの4棟は、出入り口にいろいろ生えちゃって狭くなってたので、
たぶんいないと思われ。(フタを開けてまで確認しなかった)
少しきれいにして、入りやすくしてきました。

作ったときにクロイシモチとかが入れないように
入り口の穴は少し小さめにしたんだけど、少し小さすぎたかな。

今度新築のときには、入り口の直径は1㎝→1.5㎝にしよう。

 

これは別のお宅のご夫婦。
ミジンペア202102141web
グリーンのガラスがきれい。

 

次の建築の参考までにバシバシ写真を撮ってたら、
いかりや長さんの顔マネをしてイヤミを言われました。

いかりや長さんミジンベニハゼ20210214web 

「このカメラマンの腕前はどーですかねぇ」 
だめだこりゃ」

 

 

 

DATE2021-2-14 

LOG2021-5
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/Solo

EN 07:40 EX 09:01
BT  81min
Max
 29.3m Ave 11.6m
W.Temp
 18.0

 

DATE2021-2-14 

LOG2021-6
POINT
:バー浜 ミジン団地
DIVE
/ONDさん

EN 10:41 EX 11:52
BT  71min
Max
 29.8m Ave 12.8m
W.Temp
 18.0

 

これからの予定:

20212月】

この先はお天気次第かなー。
天気がいい日を選んでいきます。同乗・同行大歓迎♪

 

今日の燃費! 
IMG_20210214_161609.jpg 

上出来じょうでき♪




 

  1. 2021/02/14(日) 22:31:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

2年半ぶり?! え~浜ダイビング~♪

さて、初潜りが終わったところで、
さっそく連週のダイビングです笑笑
お天気もいいし、気温も高いしね!
ニョーボさまも植物観察にお出かけのようですので、
テーシュ元気でルスがいい とさせていただきます♪

 

こちらも連週ですが昨日からHRさんも来てるようなので、
7
時に三浦さんで待ち合わせ。

4
時半(正確には0427)に家を出たら
0427web.jpg
6
時半(正確には0631)に三浦さんちについてしもうた。
0631web.jpg
2
時間4分。速くなったもんだなぁ←たいして飛ばしてない。
伊野から高速には乗ったけど。
(三浦さんちまで142キロ、高知より3度低いのかwww)

 

さて、どこ行きましょ~って話になったら、
HR
さん情報で、
OND
切込みタイチョーが先週A浜に潜ってるって聞いて、
FB
をチェック(←すんません、見落としちょりました)

ホントだ!行けるがや!

ということで、今日は約2年半ぶりにA浜へ~♪


A
浜は、バー浜に並ぶセルフビーチポイントとして重宝してた
とってもいいところなんだけど、
2018
7月?の大雨で土砂崩れが起きて、
行く途中の道がつぶれて、
それっきり行けなくなってたんですよね~。
http://issyssoliloquy.blog.fc2.com/blog-entry-250.html


土砂崩れでつぶれてた道は、すっかりきれいに直されていました。
よかったよかった。

と、A浜について、
町道から側道に車をバックで勢いよく突っ込んだら、
なんと、側道はすっかり様相が変わってて、

海側の路肩は陥没してるは
路肩陥没web
山側の路肩もアスファルトが崩れて大きな段差になってるはで、
(写真じゃよくわかんないけど30㎝ぐらいの段差になってる)
路肩陥没段差web
ボクのなんちゃってSUV
いきなり段差でスタックして
傾いて、動けなくなっちゃいました(泣)

 

HRさんがビーチでロープを探してきてくれて、
車に引っ張ってレスキューしてくださいました(大感謝!)

見えないからいいけど、
車の下はガリガリ君になっちゃったかも
(写真で白く見えるのはCH-Rの塗料と思われ(号泣))


凹んでるボクに、HRさんは、
「他に行きますか?」って気を使ってくれたけど、
HR
さんA浜初めてだし、
せっかく来たから行きましょうよ!ってことで、
道端に停めるweb
車は町道に停めて、ビーチまで歩いてエントリー。



側道もそうだけど、
海に行く直前は、岸壁ごと無くなってる箇所があるので
足元注意!!!
岸壁大陥没web


 

 

でも海はとってもいいカンジ。

A浜 


 

とりあえずはマイタケサンゴの森(サオトメシコロサンゴ)ポイントへ~♪

 


ここはA浜の湾の西サイド、エントリー口から15分ぐらい泳いだ斜面が、
一面、マイタケのようなサンゴ「サオトメシコロサンゴ」で
びっしりと覆われているポイント。
サオトメシコロサンゴweb
このマイタケサンゴの森がとっても魚影が濃くて、
いろいろと珍しい魚がいたりします。

 

今日は写真ないけど、
タテジマヤッコがたくさんいるポイントも珍しいように思うし、
(パラオでも珍しい魚だった)

 

ハナダイの仲間がたくさんいます♪
(TG4でテキトーに撮った写真でごかんべん(汗))


キンギョハナダイweb

キンギョハナダイ


アカオビハナダイweb
アカオビハナダイ



ケラマハナダイwebケラマハナダイ2web
ケラマハナダイ



カシワハナダイweb

カシワハナダイ



ホカケハナダイとアカオビハナダイweb

(右)アカオビハナダイと
腹ビレが黒いのはホカケハナダイ(左) 

 

ユカタハタも多いし、水中が色とりどりで賑やか(^^

 


とっても素晴らしいところなんですが、 

サオトメシコロサンゴはもろくて壊れやすいので、
もし潜るチャンスがあったら、
サンゴを壊さないように、
十分注意して潜って欲しいポイントです。

 

 


2本目は
移動してバー浜、も考えたけど、
せっかく来たんだから、今日は2本目もここで。

 

 

ダイブプロフィール的にはちょっと問題があるけど、
2
本目は湾の奥に沈んでいる「沈船」へ~♪

 

 

ここの沈船は漁船で、
それほど大きな船ではないけど、
船体もしっかり原形をとどめてるし、
なかなかいいカンジ♪
沈船とHRさん3web

 

魚もいっぱいついています。

沈船とHRさんweb 



沈船とHRさん2web 

ただちょっと深いのよね。

1時間半たっぷり休んでから行きました。

 

 

帰りの砂地は土砂崩れの泥が入って
だいぶ泥っぽくなってて、
クサハゼやカスリハゼがいました。

みんなマッハで引っ込むけど(泣)


クサハゼ202102071web 

クサハゼ:ジミーに見えるけど実はとってもキレイなハゼ


カスリハゼ20210207web 

ヒレ開いてないからわけわかんないけど、カスリハゼ


浅場のサンゴの隙間に、
マツカサウオ20210207web 

500円玉ぐらいのマツカサウオyg かわゆい♪

 

 

やっぱA浜、え~浜や~♪
お初だったHRさんも楽しんでくれたみたい(^^♪
よかった!!



次はいつ来ようかなぁ。

ホカケハナダイ
そういえば課題と思ったっきり、
まだちゃんとした写真持ってないなぁ。


でもこう、バー浜、柏島ビーチ、A浜 と、
選択肢が増えると、
日帰りじゃ満足できない~!


こりゃ、泊りで来ないとならなくなるかな(笑)

 

 

DATE2021-2-7 

LOG2021-3
POINT
A浜 マイタケサンゴエリア
DIVE
/
HRさん

EN 08:20 EX 09:27
BT  67min
Max
 19.7m Ave 12.1m
W.Temp
 18.7

 

DATE2021-2-7 

LOG2021-4
POINT
A浜 沈船
DIVE
/HRさん

EN 11:06 EX 12:08
BT  61min
Max
 27.7m Ave 13.3m
W.Temp
 18.8

 

これからの予定:

20212月】

この先はお天気次第かなー。
天気がいい日を選んでいきます。同乗・同行大歓迎♪

 

 

  1. 2021/02/07(日) 21:32:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
バードウォッチング (52)
ダイビング (362)
高知の自然や景色 (20)
高知の文化やその他 (11)
その他 (9)
日記 (12)
休日の日記 (21)
アクアリウム (10)
ねこ (8)

カレンダー

01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる