fc2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきてもう20年目! 高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

2021 SW 後半戦 おのぼりさん の グルメ&ビンボー食ツアー

というわけで、
(ナニが というわけ かさっぱりわかりませんが)
2021 SW
後半戦は、東京(っつーか関東)に ニョーボと二人旅。

上京はGW以来、ひさびさですね。
コロナ前は月一で上京してたのがウソのようです。

今回のメインの用事は
オヤジの一年祭(仏教でいう一周忌)と、
実家の最終的な片付け。

これを金・土に行って、
木・日が移動日。
まとまった休みでないと、いろんな用が一気にはこなせませんえん。

 

高知‐羽田便はスケジュールにこそ出されてはいるものの、
直前になって、朝1便と夜最終便は「欠航」になって、
昼の便に振り替えられるかキャンセル、っていう状態が続いてましたので、
今回も朝1便に予約だけいれたものの、どーせ昼便にふりかえやろ、と思ってたところ、
コロナがちょっぴり治まったせいか、
予想外に予定通りの朝便が飛びまして、
移動日の木曜日は、ぽっかり日中に時間ができてしまいました。

 

 

そこでとりあえず、荷物をコインロッカーに突っ込んで、
昼食に、この前テレビ「ぴったんこカンカンsp」で見て、
行ってみたいと思っちゃった、
ミシュラン ビブグルマン(☆評価ではなく安くておいしい店)4年連続受賞店
日本橋の「あなご飯」の老舗、「玉ゐ」さんに直行。


tamaiweb.jpg


11時開店のところ、1030ごろについたら、めでたく一番乗り。

その後続々と並び始めた長蛇の列の最先頭で、
無事 あなご飯 を食することができました(^^

 

玉ゐさんの あなご箱めし。


tamai tyuubakoweb


中箱(あなご2尾乗せ)で、焼き上げのあなごと煮上げのあなごの「合いのせ」。

焼きも煮も、どちらもふっくら柔らかでとにかくばかウマ~(^^

途中からあなごの出汁をかけたお茶漬けにして食べるのがサイコー!!

 

 

その後は、スカイツリーに登って東京見物www


スカイツリーに喜ぶweb

 

両国・錦糸町にはあれだけ通ってきてたのに、
上るのは今回はじめて。

 

スカイツリーのゆるキャラ「ソラカラ」ちゃんと記念撮影。

ソラカラweb 

 

下界を見下ろす。

スカイツリーからLOTTEweb
いつもあそこから見上げてた、錦糸町の定宿ロッテシティを見下ろすwww

 

展望台に上るエレベーター内部の動画を撮りたくて
もう一回乗ろうとしたら、
「1回だけです」って怒られた(笑)



これは降りる時に取った動画www

 

 

そして今晩のお泊りは、新宿。

今晩中に町田や相模原に移動してもよかったんだけど、新宿。

 

なぜなら、コイツが見たかったから。



 

7月にテレビのニュースで見てから、
どーしても見てみたかったんですよねーwww

 

イマドキ必死でスマホを向けてるのは
おのぼりさんのごフーフお一組だけでしたwwww




 

晩ごはんに新宿で食べたかったのは、
お気に入りの、野村ビルの地下 HASHIYA のスパゲティ。

 

ウニとたらことイカのパスタ

unitarakoikaweb.jpg

 

しょうゆ味のMIXパスタ

mixweb.jpg


 

どちらも超絶品。
久しぶりに食べたけど、ホントにおいしいです!
ほかのメニューも食べてみたいけど、
たまにしか来ないから、テッパンから浮気ができないwww



夜の東京都庁

都庁 警戒色web

コロナ対策で真っ赤に燃えている。


のかと思いきや、
これは今週は「結核予防週間」のライトアップだそうで。
なんでも、赤十字のレッドクロスをイメージしたものらしい。

 

 

 

翌 金曜は 朝から実家に移動してお片付け。

 

実家の駅のディスプレイはハロウィンでお菓子の家。

ハロウィンお菓子の家web

掃除をしたり
郵便物は転送をかけて郵便ポストは閉鎖しているにもかかわらず
ねじ込んでくれてある宅配メール便のDMとか
水道やガス料金のお知らせとかを片付けたり
雑草生えまくってる道路と建物の隙間に除草剤を撒いたり
業者
さん(保険会社さんとか不動産業者さんとか)と話をして今後の相談をしたり・・・

 

今日は忙しくって、
お昼はご近所のラーメン屋さんと夜は駅前の吉牛。
毎日ごちそーってわけにはいきません。粗食の一日。
つかれたwwww

 

 

 

土曜は朝一でレンタカーを借りて、

一路 富士山へ Yaris GO

 

冨士霊園で
オヤジの一年祭。


冨士霊園看板web

少し時間があったので
冨士霊園の一番高いところまで登ってみた。

冨士霊園展望台web階段

240段 笑笑 ←ヒザが。

 

神事は前回と同じ、女性の神主さん。
お世話になりました。


東己一年祭web

 

弟家族が来てくれて賑やかでした。

一年祭web 

 

でもコロナもあるので会食などはなし。

 

父の飼ってた「かめきちくん」は
弟たちが持っていって飼ってくれていますが、
元気にしているようです。(送ってくれた画像)

カメ吉web
よかったよかった。

 

 

そうして神事も終わって、弟たちとも別れて、

昼(つっても2時半)は
せっかくなので、三島に足を延ばして、

三島一のうなぎの名店、「桜屋」さん。

 

ウナギはレッドデータブック(レッドリスト)に掲載の
「絶滅危惧種」ですね。
貴重な生物の絶滅促進に力を貸してしまった。

グリーンピースに命を狙われるかも(汗)

でも、オレが喰わなくっても、ダレカがこの蒲焼を喰うんだよ。
とりあえず喰っとかにゃあ。
(って、ホントはこういう意識がイケない)


うなぎ桜家web

 

ま、難しいことはさておき
(ホントは置いといてはイケない)
安政3年創業の老舗の鰻は、
「並」でも重箱いっぱいの鰻が敷き詰められ、
その身は極厚でふっくら柔らか。
高知の鰻屋さんでは味わえない、至福のひと時を与えてくれました♪♪

 

その後は三島観光で
「三島大社」に参拝。

三島大社web 

 

ニホンウナギの絶滅回避と養殖技術の開発を祈願。


三島大社本殿web 

 

大きな神社ってやっぱりいいねー。

 

 

少し移動して、
富士山麓から100年かかって地下水脈を流れて
この地に湧き出ているという
「柿田川の湧水」を見学。


柿田川湧水web


澄明な水がこんこんと湧き出ているのは
一見の価値がありました。




湧水を撮ってたら、カルガモがやってきてアクセントに入ってくれました。

これは神が許してくれたシルシだな。

  

帰路は東名の渋滞でちょっとヒヤヒヤさせられたけど、

レンタカー返却の8時までに帰ってきました。

 

 

 

日曜は帰高日。

横浜に住んでるニョーボのおじさんに会いに行って
それから羽田に。

 

おじさんは、なんと!ねこのブリーダー。
いいなぁ。


ロシアンブルー1

 

ロシアンブルーが11匹いるそうな。

(別の部屋にいて出してきていない子もいる)


ロシアンブルー2

すっと、ボクになついてリラックスするコ♡

お土産に1匹くれないかと思ったけど、
やっぱりくれなかったwwww


ロシアンブルー3

 

 

そんなこんなの2021 SW 後半戦。
ミッションは無事終了。
お家に帰ってきました。


レオンキャリーバッグ20210926web

おかえり。 

 

今晩のお夕食は、
やっぱりテレビで見て(出川テツロ―がほめてた?!)
ムスメが食べたいといってた、
「崎陽軒」の「シウマイ弁当」(笑)


崎陽軒1web 

  

どっこも売り切れだったなか、
羽田の中の、最後のANA FESTAで奇跡的に2個買えた!

ボクにとっては食べなれたお弁当だけど、でもおいしいよね。

崎陽軒2web

 


明日から仕事か。

あーユーウツだ(笑)

 

 

でも今度の日曜は「かわすも」(渓流スキンダイビング)♪
それを励みにガンバロ(^^♪

 

 

 

これからの予定

202110月】

102日(土) 柏島 &/or バー浜(かも)

103日(日) 渓流 かわすも(渓流スキンダイビング)

109日(土) 未定
10
10日(日) 未定

1016日(土) OW海洋講習
10
17日(日) OW海洋講習

1023日(土) お仕事です。

1024日(日) 柏島 &/or バー浜

1030日(土) 沖の島オニヒトデ駆除(予定)

1031日(日) 柏島 &/or バー浜



 

スポンサーサイト



  1. 2021/09/26(日) 20:40:00|
  2. 日記
  3. | コメント:0

2021 SW 前半戦!(今年は前半戦だけだけどwww)

9月の連休になりました。

この連休を利用して、やってきました!

南の島!!


バナナ20210919web 

朝日がまぶしいバナナの木

 

 

バナナの花が咲いて実も生っています。

バナナの花と実20210919web
台風の被害は免れたんですね!

 

 

パイナップルも実をつけていました!

パイナップル20210919web 

 


ハイビスカス20210919web

ハイビスカスもとってもキレイ♪

 

 

サトウキビ畑と抜けるような青い空。

バー浜青空20210919web

ざわわ、ざわわ、ざわわ~♪

 


いいですねー、このトロピカル感(^^♪

そう、ここは沖縄。

Okinawa Islands!!



バー浜20210919web青い海、青い空~ ・・・ん?? 

 

 

今回は東京からのゲスト3名様をお迎えしてのガイドです。

とはいっても、1名は(もうすぐ)2000本ダイバーのIJMさん。

あとのお二人は、
ダイビングを始めて約2年、年間200本ペースで潜ってるっつー
ONDさん並みの(笑)ハイペースダイバー NGMNさん と、
本数は100数十本ながら非常に良く落ち着いている才媛 OKSNさん。

皆さん、昨年のSWでもご一緒したみなさんでした。


NGMNさんソラスズメ20210920web

NGMNさん カメラマンスタイルがカッコイイ!



OKSNさんテーブルサンゴ20210920web

OKSNさん きれいなサンゴ礁ときれいなモデルさん♪

 

 

【さっそくISSYの大ウソ】
上の写真はサトウキビ畑、じゃないですね。
ご存じの方にはよーく見慣れた風景のはずwwww
ビーチの写真もよーーーーっく見慣れた風景ですねー。

Okinawa じゃないやい、

いつも住んでる SIKOKU Islands だよ~ん(笑)

そう、ここはいつものところ、

バー浜の写真で~す笑笑

でもバナナもパインもハイビスカスも、青空も、あるんだよ~♡

 


 

 


1日目

18日(土)柏島ビーチ 3ダイブ

まずは徹夜で東京から走ってきてる皆さんですので、
柏島で少し足慣らし。


台風あとで、風がビュービュー!
後浜は大荒れ。

柏島ビーチ20210918web

ダイビングショップのみなさんも、たくさんビーチに見えてました。




クダゴンベ20210918web

ひさしぶりに3番カゴ前でクダゴンベを探したら、
別のちっちゃい目の個体に変わってました。

でも今や、クダゴンベは大瀬にも通年いるので珍しくないのよね(泣)



ガラスハゼ20210918webガラスハゼ もっと珍しくないけどさ。



ウミタケハゼの仲間20210918web

ウミタケハゼの仲間

これも珍しくもないけど、アオリイカの産卵床にしてた木についてて、つい木になって撮っちゃう。



ホホスジタルミyg20210920web

ホホスジタルミの幼魚
撮りにくいことこの上ないww



ホタテツノハゼ20210920web

HRさんのホタテツノハゼ。
この子がいてくれたおかげで、柏島ビーチの面目が何とか保てたかな。
今年はキツネメとかヤシャとかが見られてないもんで。



シノビハゼ202109181web

テッポウエビと共生してる見慣れないハゼだなぁと思って
帰ってきて調べたら、何のことはない、シノビハゼww



古びた漁網から出てきたのは、オニカサゴの幼魚(たぶん)

オニカサゴyg?20210918web




わかりやすいように砂地にお出ましいただいたけど

オニカサゴyg?202109182web

ちっともわかりやすくない(泣)



この日のグルメはお昼ごはん。
出川哲郎の「充電させてもらえませんか?」っていう
テレビ番組で柏島が紹介されたときに出たそうな。

柏島マグロ丼松本商店20210918web


大月町のマグロ丼!
マグロ丼20210918web

テイクアウトのみ 700円也。
柏島ランチにはいいね!



3本目はほぼフリータイム


アオスジテンジクダイの幼魚
アオスジテンジクダイyg20210918web

珍しいけどあんまりウケない。



やたら見せられていいかげん飽きたと思うけど(笑)
モンハナシャコ20210920web

モンハナシャコもにっこり(^^♪



ウツボとクリーニングシュリンプ20210918web
クリーニングシュリンプとウツボくん
珍しくないからウケないww



サザレハゼとかも見せたけど、いくら珍しくても
あまりにジミーだからなぁwwww


全身丸出しでニョロニョロ泳いでるウミヘビ(ソラウミヘビ?)とかも。
アナゴだとわかってても、すでに近づいてこられると
ちょっとコワい(笑)


初日からたっぷり潜りましたねー。

ディナーもスペシャルだったし♡ 



2日目 

19日(日)バー浜 3ダイブ


2日目は、透明度が悪いんじゃないかとちょっと渋るIJMさんをひっぱって(?)、無理やりのバー浜。

そんなに透明度悪くないって。



ますはミジン団地へ。


みじんこ20210919web

とにかく今は、みじんこ を見てもらわないと!

ミジンベニハゼはいっぱい見てもらったけど、
大瀬と違って人慣れしてないので、引っ込むと出てこないらしい。



ずいぶんとまー人相のわりぃミジンだなぁ

ミジンの瓶にいた??サカナ20210919web

と思ったら、
どうやらキジハタか何かの幼魚らしいです。
(by FBお魚同定グループ)



地味ジョーノートリ20210919web

バー浜名物の地味ジョーも見てもらわないと。(ほぼノートリ)
一応「新種(未記載種)」で、
他からはそんなに報告がない種類みたいだし。



三角大岩の裏ではオキナワベニハゼを見てもらって。

でもボクが撮ってたのは、

アワセイソハゼsp 20210919web
アワセイソハゼsp(これも一応未記載種)
超珍しいけどたぶんウケないと思って、オキナワベニハゼ見せてました。



三角大岩の近くで、
そういえば前に、クソ寒っむい時期にIJMさんにムチヤギエビ見つけてもらったなー、って回想してたら、
今日もチョーちっこいエビ見つけて見せてくれた。

ムチヤギエビ20210919web

ホントにすげー眼力だな。IJMさんwww




ネジリンはいっぱいいてとっても良かった♡


ネジリンヒレナガペア20210919web
はじめに見た時に、
ヒレナガネジリンとノーマルネジリンの異種間ペアだったところが、



次のダイブで見た時には
ネジリンペア20210919web
なぜかノーマルネジリンのペアになっているフシギ??

ほんの数時間の間にナニがあった??



珍しくてもヒトにはウケないシリーズ(笑)

ヒメオニハゼ20210919web

ヒメオニハゼ

背びれがピンとしてかっこいいんだけど、
あまりに背景と同化してて、見せてもわかんないんだよねー。




バー浜の砂地にいた、カワイイくまのみ

クマノミ幼魚20210919web

コイツだけで数十分粘れそうなかわいさ。



3本目は右コースのラビリンスにも行ってみた。
ウミタケハゼの仲間20210919web

ウミタケハゼの仲間



砂地でゴンズイに凝ってみるww

ゴンズイ群れTG20210919web



ゴンズイ群れデジイチ20210919web



ゴンズイ群れTG202109192web



ゴンズイアップ20210919web




タイヤ山にしかけといたタコつぼに、
まんまと入ってくれたタコくん(^^♪

タコつぼのタコ20210919web



珍しくバー浜にいた 

ダンダラダテハゼyg20210919web

ダンダラダテハゼの幼魚 



砂地のサンゴのがれきを引っぺがすと出てくるエビは

フタミゾテッポウエビ202109191web

フタミゾテッポウエビ っていうんだそうな。
(by FBグループ)

テッポウエビの仲間だから、ハサミを閉じる力でプラズマ衝撃波っていうかめはめ波みたいのを打てるはずだから、素手で持つのはアブないのかも。
知らないっつーのは恐ろしいもんで、今までヘーキで持っちょったwww


そういえば、ボクがサツマカサゴとかを手乗りにして
あごの下とかナデナデしてるのを見ても、決してマネしてはいけませんよ。
背びれの棘には毒があります。
刺されたらオオゴトwww



オキナワハゼも見せれたし、まずまず。



ニシキカンザシヤドカリ20210919ななめweb

あがり際のニシキカンザシヤドカリ

見えたかな?



「ISSYさん、ホントにバー浜好きなんですねー。笑顔が違いますよ」
って言われちゃいました。

そうかな♪

でも好き♡



2日目のグルメはお約束の「居酒屋いごっそ」

今宵もマグロづくし。

マグロ刺身いごっそ20210919web

いつのもコースじゃなくて、今回はアラカルトにしたので、
今まで食べたことの無いメニューが色々楽しめて、とっても楽しかったっす。
ごちそーさまでした!!


さて、最終日 3日目

20日(月祝) 柏島ビーチ 3ダイブ


柏島ビーチ20210920web

今日は風もあんまりなくて、おだやか~♪



最終日のために、

予約しちょいたカメくんに約束の場所で落ち合って、

カメ20210920web


お二人に激写してもらいました。

NGMNさんカメ20210920web

NGMNさんOKSNさんカメ20210920web


このカメくんはぜんぜん逃げないいい子で(観光協会所属)、
最後はアタマをイイコイイコさせてくれましたよ(^^♪



石ころひっくり返してたら出てきたのは
オレンジ色のもじゃもじゃガニww

ケブカガニの仲間20210920webケブカガニの仲間。

FBグループの方のお話では、オオケブカモドキ じゃないかなーって。
ヘンな名前笑笑



これもたくさん見たけど、テンスの幼魚

テンスyg超幼魚20210920web

コイツは一番ちっこい。
2㎝ないぐらい。



たまにはワイド系

シマアジクリーニング20210920web

ホンソメワケベラのクリーニングの順番待ちで、くるくる回る
シマアジの群れ。



写真はないけど、カンパチやブリがキビナゴに突っ込んでたり、
なかなか迫力のシーンもたくさん見れましたし。




3日目のグルメは 柏島名物「きみ食堂」のトコロテン。

トコロテン20210920web

うしろで干してるのが、原料のテングサ。

サッパリして、おやつにピッタリ。



このツアーの大トリを飾るスーパーヒットは、
われらがデビルアイ、IJMさんの大発見!


見よ!! この超絶 激アイドル♡♡♡
しろくまくん202109203web

しろくまくん!!!

クマドリカエルアンコウ(白)超幼魚



しろくま202109201web


なんてかわいいんだ!!

体長1.5㎝ぐらいですよ!!

次までいてくれるかなぁ。
いてくれないよなぁ。
いてほしいなぁ。



ちゅうことで、3ダイブ×3日間、
ホントはIJMさん以外のお二人はフルガイドをしたほうが良かったのかもしれないけど、別にビギナーでもないし、ほとんど半分以上、セルフダイビング状態で、時間だけ決めて潜ってもらってました。


余裕のある時はボトムタイム80分で上がりましょうって、やってたんだけど、
最後の1本は早めに帰り支度を始めたかったので70分にしましたが、
上がってきたときのみなさんのお言葉。

「いや~ 70分のダイビングじゃ短いっすね~!」

楽しくてしょうがない、3日間を象徴した一言でした♪



はじめは台風日本横断でどーなることかと思ったこの連休でしたが、
最高のダイビングができて、良かったよかった♪



今年来れなかったみなさーん!
来年のSW、大月町でお会いしましょう!

  

 

DATE2021-9-18 

LOG2021-68
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 10:12 EX 11:32
BT  80min
Max
 20.4m Ave 11.6m
W.Temp
 26.5

 

DATE2021-9-18 

LOG2021-69
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 13:07 EX 14:14
BT  67min
Max
 28.8.3m Ave 13.0m
W.Temp
 24.5

 

DATE2021-9-18 

LOG2021-70
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 15:35 EX 16:43
BT  68min
Max
 25.3m Ave 12.8m
W.Temp
 26.6

 

DATE2021-9-19 

LOG2021-71
POINT
:バー浜
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 09:07 EX 10:24
BT  77min
Max
 28.9m Ave 13.1m
W.Temp
 25.9

 

DATE2021-9-19 

LOG2021-72
POINT
:バー浜
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 11:54 EX 13:04
BT  70min
Max
 21.3m Ave 12.6m
W.Temp
  25.6

 

DATE2021-9-19 

LOG2021-73
POINT
:バー浜
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 14:33 EX 15:53
BT  80min
Max
 17.7m Ave 8.9m
W.Temp
 26.4

 

DATE2021-9-20 

LOG2021-74
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 07:48 EX 09:07
BT  79min
Max
 28.9m Ave 12.8m
W.Temp
 26.2

 

DATE2021-9-20 

LOG2021-75
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 10:36 EX 11:56
BT  79min
Max
 22.6m Ave 9.4m
W.Temp
 26.4

 

DATE2021-9-20 

LOG2021-76
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/IJMさん NGMNさん OKSNさん

EN 13:21 EX 14:34
BT  73min
Max
 27.8m Ave 12.1m
W.Temp
 26.1

 

 

 

これからの予定

20219月】

923日(木)~926日(日) 東京なのでダイビングはなし

202110月】

102日(土) 柏島 &/or バー浜(かも)

103日(日) 渓流 川素も(川素潜り)

 

 

 

  1. 2021/09/22(水) 00:06:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

高知県警の取り調べ?! 供述調書!

高知県警察の来訪を受けました。
前回が94日、今日が2日目です。

 

いただいたお名刺の肩書は

「高知県警察本部 刑事部 捜査一課 特殊犯 兼 科学捜査担当」
の、警部さんと巡査部長さん。

「捜査一課」って言ったら、刑事ドラマの花形、
殺人事件を扱う部署じゃーあーりませんか!?

 

コロシもタタキもアカネコも、
リャクシュユーカイもまだ経験はないし、
麻薬や向精神薬の横流しや
違法ドラッグ系薬物事犯で捕まるような
職務上の覚えも(まだ)ないんですが、
はてさて、セーレンケッパクなボクのところに
何をしに来られたのでしょうか??

 

 

バカ言ってないで、さっさと種明かしをすると、

 

これは、ダイビング関係の「事故」の捜査。

 

 

ダイビング中の死亡事故の捜査も、
「特殊犯兼科学捜査」担当の方の範疇らしいんです。

 

 

高知県で以前起こったダイビング死亡事故にあたって、
ダイビングに詳しい有識者(?)として
なぜかこのボクがあるスジからご推薦を受けまして、
お尋ねを受けたのでありました。

 

 

前回、94日に来られた時には、
事故の詳細を教えてくれて、
それについての意見や

ダイビング器材やCカードランク、
インストラクターの責務、みたいなことを色々と尋ねられ、

今日はその時のインタビューをもとに、
文章におこした「供述調書」をもって、
その添削と完成、署名押印をさせられに
やって来られたのでありました。

 

 

事故の具体的な詳細については控えさせていただきますが、

高知で半年ぐらい前に起きた死亡事故で、
ファンダイブを引率していたインストラクターとショップが
「業務上過失致死」に問われるかどうか、という捜査です。

責任重大。

あんまりウカツなことは言えないです。

 

 

ざっくりしたことだけ書くと、
4
人のダイバー(3名はほぼ初心者:経験9本、1人は中級者:65本)を
1
人のインストラクターがガイドしてて、
水深20mほどのところでガイドとゲストは
お互いの位置が見えていない状態でダイビングをしていて、
(ガイドはゲストの位置は把握してたと思うけど)
そんな中で、
中級者の人が仲間一人の異常に気付いてインストラクターに知らせに行き、
イントラがそこに駆け付けた時にはすでに溺れていて、
引き上げて病院搬送したものの、残念ながら死亡。
解剖の結果、心筋梗塞とか脳梗塞など突発的な死因が疑われる所見はなく
溺死、と診断されたようです。

4名ともCカードのランクは「アドバンスダイバー」。

初心者の3人は、アドバンスをとって初めてのファンダイブ、らしい。

 

 

警察が、インストラクターおよびショップの過失が問えるかどうか、
という点を確認したいのは、次の点。


①安全管理面としてのガイドとゲストの距離

その時の透明度は約10m程度。(インストラクターの証言)

イントラと事故者の位置の距離は約20m。(海保の現場検証)

これはイントラの安全管理として、ガイドとゲストの距離が遠すぎていないか。

(ガイドとゲストが見えていないというのは問題ではないか)

 

 

②器材セッティングについてのガイドの確認義務

発見者が事故者の異常に気づいた時、事故者は呼吸が苦しそうで、
呼吸のたびにゲージの針が振れていたそうです。

これはおそらく、
タンクバルブがきちんと開けきれていなかったことを示していると思われます。

タンクバルブが十分に開いていないと、
水深があって水圧のかかっているところでタンクの残圧が少なくなってくると、
息を吸ったときにはホースとレギュレーター内部の圧力が下がって残圧計は低値に下がり、
息を吐いているときにはタンクから空気が供給されて
残圧計はタンク内の圧力を正しく示すようになり、
呼吸に伴って残圧計の針が振れます。

この時の呼吸抵抗は大きく、苦しい呼吸になりますので、
初心者には大きなストレスになると思います。

警察としては、経験9本のダイバーの器材セッティングに対して、
インストラクターが確実にセッティングができていることを確認していないのは、
安全管理上過失と言えるのではないか。

 

 

③レンタル器材の安全装備面についてのショップの責任

事故者および発見者は、重器材はレンタルだったのですが、
レンタルのレギにはセーフセカンド(オクトパス)はつけられていなかったとのことで、

これはショップとして、安全装備をつけておくのが責務であり、
ついていないレンタルギアを貸すことには問題があるのではないか。

 

 

「供述調書」ってもんは、
ボクが「申し述べさせていただいている」体で書かれている文章なんですが、
特にはじめの数ページには、
ボクのダイビング経験とか指導団体での経歴なんかを
事細かく書き記されていて、なんだかこっぱずかしい。

 

それから、ダイビングの器材の仕組みや機能についてのボクの説明が
一つひとつ書いてあって、

 

その後、警察の確認したい点についてのボクの見解を述べてあります。

(ぜんぶ前回のボクの「供述」をもとに、巡査部長さんが書いてきたんですけどね)

 

 

①については、
ガイドはおそらく透明度が悪くて直接見えていなくても、
ゲストのだいたいの位置はそこそこ把握していたのではないかと思ってはいますが、
(善意に解釈して、ですが。
もしかすると、ホントははぐれていたのかもしれない。
ただ、事故者の異常に気付いた発見者が
比較的すんなりイントラを呼びに行けているので、
まるっきりお互いの位置感がわかっていなかったのではないな、と思いました)
その透明度で、経験9本の初心者を見えない距離に「放牧」してしまうのは
ちょっとどうかなぁ、と思います。

警察には、ボクの感覚としては、
調書を書いているウチのウサギ小屋のリビングぐらいの広さ=いいとこ4-5m
ぐらいの距離感の中で、
見える範囲でダイビングをするのが
安全管理上必要だったのではないか、ということを言いました。

 

 

②については、
ダイビングには一定の側面として「自己責任」という部分もあって、
特に器材のセッティングなどはその最たる部分だと思います。
本当の初心者ならもちろんこちらで確認もしますが、
今回のケースの人では、たとえ実務の経験本数は少ないとしても、
少なくとも「アドバンスダイバー」としての教習を修了しているからには、
器材のセッティングぐらいはできるものと判断して、

自分であれば、アドバンスダイバーに対していちいちセッティングの確認はしない、
そこにイントラの責任があったとは考えない、と述べました。

責任を問うとすれば、器材のセッティングもできないようなダイバーを
「アドバンス」として認定した、
アドバンス講習をしたイントラか、指導団体じゃないでしょうか。

 

 

③については、

はじめは、
レンタル器材はダイビングに必要最小限の器材が装備されていれば
ダイビングをする上では問題はなく、
貸す側としては、
ゲスト間でセーフセカンドのやり取りをすることは想定していないのではないか、
と考え、擁護する方向で意見を述べていきましたが、
発見者の人が、
「事故者の異常を発見した時に、自分のレギを与えてしばらく呼吸をさせた。
自分も苦しくなったのでレギを戻してもらって、イントラを呼びに行った。
オクトパスがついていれば、それを使って2人でイントラのところに行けた。」
と述べていると聞いて、
レンタル器材と言えどもやはり安全装備を省くことには
問題はあるのかな、と考え、意見を少し修正しました。

また、ショップ側は、
レンタル器材にオクトパスをつけていると
引きずったり引っかかったりサンゴを壊してしまったりというデメリットもある
と主張していると聞いて、
それは後付けの詭弁で、
安全装備とサンゴの保護を天秤にかけるような話は
ちょっとするべきではないと思ったりしました。

 

 

警察の書いてきた原文はなかなか強めの表現が多かったので、
強く言い切る表現は極力避けてやわらかめの言い回しに直してもらって、
署名押印をして、「供述調書」が出来上がりました。

全23ページの大作。


もちろん、このボクの意見だけが証拠として(?)参考にされて、
責任の有無等の判断材料になるわけではなく、
今後、インストラクターの所属する指導団体などからも
同様の参考人聴取をして供述調書をとって、
それらを総合的にみて、過失についての判断がなされます。

(これまでの聴取の内容は教えてくれましたし、おおむね見解は同じでした。)

 

 

後ろ暗いところがあるわけでもありませんが、

「ケーサツ」の取り調べ っつーと、
あんまり気持ちのいい経験じゃあないですねー。


でも、警察の方は終始非常に丁寧な対応で、
調書もこちらの言い分通りにすべて書き直してもらえましたし、

なにより、ダイビング事故の詳細を知ることができて、

7月の漂流事故に引き続いて(笑))

自分としては自己のガイディングや講習について省みるところの多い
経験になりました。


参考資料として、
最後にレギュレーターやBCの写真を撮って帰られましたが、
その時にボクの写真も撮られたのは、
いったいどんな使われ方をするんでしょう??



  1. 2021/09/16(木) 22:51:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

渓流ダイブ again w/ デジタル一眼レフ

海はダメで川ならいいのか、とか、聞かないこと。

高知市は一応今日までは、
「う~っマンボぅ!」の対象でありまして、
不要不急の外出は昼夜を問わずご遠慮いただいています。

が、
今日の渓流ダイブは、
マンボウ発令前からみんなで決めてたんだもんねー。
しかたがないのだ。

朝「雨降ってるけど行くんですかぁ?」
って問い合わせもあったけど、行くんだもんねー。

 

 

というわけで、
今日はダイビング仲間のONDさん、KNちゃん、
KOM
ちゃん、Eっちゃん と一緒に
安居渓谷&中津渓谷の渓流ダイビング♪
(実際に川に入ったのはONDさんとKNちゃんだけだったけど)

ボク的には、一眼レフでの渓流初ダイブなのだ(^^

 

ダイビングっつっても、タンクはなし。
ほぼほぼスノーケリング。
浮きながらの川遊び。

 

渓流ダイブ20210912web 

Photo by KOMちゃん
アブ対策に、しっかりフードかぶってます。
(今日のために瀬戸内アクアラングさんご提供!)

 

 

って見てると「楽ちん」そうに思えるかもしれないけど、
浮いてるだけじゃあ上からしか魚は撮れない。
魚のサイドからとか、
マジで写真を撮ろうと思ったら、
チョー大変!

 

がっちりオーバーウエイトでやればよかったんだけど、
軽めのウエイトだと、息を思いーーっきり吐いて、
身体がやっと沈む。
その状態で着底して、被写体を待って、撮る。
撮ったらあわてて水面に出て息を吸う。(吐く息はないww

この吐ききった状態での息こらえ潜水は、
並みのスキンダイビングより相当疲れるwww

 

ONDさんweb 

激流のところに陣取ってがんばるONDさん

 

 

その結果の写真たちがこちらだよ~ん。

 

 

まずは安居渓谷。

ここはとにかく透明度が良い!

そしてアマゴがいっぱい!

 

川魚は相手が大きいので、
今日はマクロレンズじゃなくて、18-55㎜のズームレンズ。

 

だから、こんな絵から撮れます♪

18㎜20210912web

 


アマゴ いっぱいいます。


アマゴ群れ20210912web



アマゴ202109123web



アマゴ202109122web 




アマゴ202109124web

サケマス科の魚 ってカンジ♪



アマゴ202109125web

少しヒレ開いた!(けどバックが暗いかな)



アマゴ前から20210912web

けっこう好奇心いっぱいで寄ってくるやつもいます♪



これはちっこいめの幼魚

アマゴちょっと幼魚20210912web

あどけないカンジがカワイイ♡



アマゴとウグイ20210912web 

アマゴに混じって見られるのは ウグイ


ウグイ20210912web

ウグイはちょっとジミーちゃん。


 

アマゴ2匹20210912web

群れてるところを撮りたいけど、
群れで動く魚じゃないみたい。

 

 

ちょっと口開けたところ。

アマゴ口開け202109121web 

 

 

こんな風にヒレを開いたところを撮りたいんだけど、
これは目にピンが~~(泣)

アマゴヒレ開いたけどピントが20210912web 

 

 

  

潜ってやや下から見上げるようにして撮った一枚。

アマゴやや下~20210912web
図鑑写真ばっかりの中で、
ちょっと動きがあっていいかな♪

 

 

結果から言うと、
アマゴの写真は前回のTG-6 のほうがキレイなのが撮れてたなー。

デジイチならいいってもんじゃない。
むずかしいもんです。

 

 

KENちゃん、Eっちゃんはココでバイバイ。

移動してお次は中津渓谷。

 

 

こっちにもアマゴやウグイもいるけど、
ここでのボクの狙いは、ヨシノボリとアカザ♪
ここの川は、透明度は安居渓谷に比べると、やや落ちるかな。

 

 

カワヨシノボリ202109122web

カワヨシノボリ いっぱいいます。

 

 

これはオス

カワヨシノボリ20210912web 


 

これがたぶんメス。

カワヨシノボリ斑紋型♀20210912web 


 

幼魚かな。

カワヨシノボリyg20210912web 

 

 

ツーショットで。

カワヨシノボリ2匹20210912web 

 

 

オスがヒレを広げたところ。

カワヨシノボリヒレを立てた202109122web
かなり渾身の一枚wwww

 

 

 

アカザも探したらけっこういました。

アカザ202109121web 

枯葉の下とか


岩の間とか

アカザ202109122web 

ニョロニョロ動き出すとなかなか止まらないけど、
疲れるとしばらくじっとしてますwww



アカザ202109123web



 

では、お定まりの正面顔をアカザでww

アカザ正面顔202109123web 

 

 


川エビもいました。種類は知らない。

川エビ20210912web 

 


おなかいっぱいに卵を抱えたおかぁさんエビも。

川エビ抱卵20210912web 

 

 

次の一枚は、
世にも珍しい、ヨシノボリとアカザの異種間ペア。

ヨシノボリとアカザのツーショット20210912web

これはすごい!!!


 

渓流ダイビング、
OND
さんも「これはハマりますね!」
って言ってくれてましたが、
マジ楽しいっす。

水はきれいだし、
真水だからベタベタしないし、
のど乾いたらそのまま飲んでもいいし、
器材も何も洗わなくていいし、
下流域の川と違って、「川臭く」ならないし。

 

次回はウエイトいっぱいつけて、
息をいっぱいに吸っても潜れるようにしてやろう。

 

来年になっちゃうかなぁ。

アマゴ202109121トリミングweb

 

 

 

DATE2021-9-12 
POINT
:安居渓谷

EN 10:30 EX 11:30ぐらい
BT  60min
ぐらい
W.Temp
 約20℃(あんがい低くもない)

 

DATE2021-9-12 
POINT
:中津渓谷

EN 13:30 EX 14:30ぐらい
BT  60min
ぐらい
W.Temp
 約20

 


【今日のISSYの大ウソ】

ハゼとナマズはペアになるわきゃーないですね(笑)
もちろんたまたま並んでくれただけですwww
でも嬉しかったので(^^♪
ゆるしてちょんまげ。


 

 

 

  1. 2021/09/12(日) 21:35:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

先日の海の写真。

です。
D5300
 いろいろ試したいですからねー。

 

 

いきなり種小名不明のハタの仲間。

ハタ20210909web
こういうハタって苦手なんだよなー。

 

 

 

カシワハナダイyg

カシワハナダイyg20210909web
ハナダイの幼魚ずいぶん撮ったwww

 

 

 

ウミタケハゼの仲間

ウミタケハゼの仲間20210909web
お山の上にいたのでパチリ。

 

 

 

小さめのウツボにえらいでっかいクリーニングシュリンプ(笑)

ウツボクリーニングシュリンプ20210909web 

 

 

ミジンベニハゼ in ブルーボトル

ミジンブルーボトル20210909web 

 

 

自然っぽく置いてみた「ウニ殻」にもペアが入ってくれてました(^^

ミジンウニペア20200909web 

 

 

地味ジョー

地味ジョー20210909web

ワリバシや白いサンゴでマーキングしてあります。

 

 

 

ヒレナガネジリンボウも12mぐらいにいます。

ヒレナガネジリンボウ20210909web
ただかなりシャイ。

 

 

 

先日の豆粒クマノミ

クマノミyg20210909web

ほんの数日でずいぶん大きくなるんだなぁ。

 

 

 

浅場で粘りまくったのは
ニセモチノウオ

ニセモチノウオ20210909web 



ニセモチノウオ202109092web

この いじくそ のワルソーな目つきったら。


ニセモチノウオと上のクマノミはかなりの数のシャッターを切った。

その中で一番ましなのがコレ(泣)

 

 

精進ショウジン!

 

 

 

DATE2021-9-09 

LOG2021-66
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/Solo

EN 07:15 EX 08:40
BT  84min
Max
 30.8m Ave 13.8m
W.Temp
 表層は27.8℃ 低層26.9

 

DATE2021-9-09 

LOG2021-67
POINT
:バー浜
DIVE
/Solo

EN 10:15 EX 11:59
BT  93min
Max
 29.3m Ave 11.0m
W.Temp
 低層26.7

 

 

 

これからの予定

20219月】

912日(日) 中津渓谷&安居渓谷 渓流魚ウォッチングツアー!

                     (前日までの天気がいい日が続くことが催行条件)

918日(土) 東京からKKIご一行 ご来高!

919日(日) 東京からKKIご一行 ご来高!

920日(月) 東京からKKIご一行 ご来高!

923日(木)~926日(日) 東京に行く予定(コロナ次第)

 

 

【今日のISSYの大ウソ】

題の 「さき」の字は、正しくは「いま」の字。

ニョーボには、
「行くのはいいけどアップとかしたらダメよ!!」
と、キツク言われておりますので。

 

 

 

  1. 2021/09/09(木) 22:04:50|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

マンボウ発令中はステイ・ホームで。

マンボウ発令中の高知県。
いたずらに不要不急の外出をすると
官憲にニラまれることになりますので、
おとなしくおウチにいることにします。

ステイ・ホーム。
(前回とほとんど同じすべり出しだなww

 

ということで、
今日のおサカナ写真は、
水槽写真。

My Aquarium Fishes.

 

 

メインタンクの横150㎝×奥90㎝×高50㎝は、
レッドアロワナがヌシですが、
ダトニオイデス・プラスワンが大きくなってきました。

レッドアロワナとダトプラ20210905web 

アロワナ50㎝、ダトプラ40㎝弱ってとこかな。

 

ダトプラはこのイシダイみたいなやつ。

ダトプラ20210905web
でもアロにいじめられて、尾っぽや背びれがボロボロ。

かわいそうだけど、もうちょっと力関係が均衡するまで、
がんばって育ってね。

 

 

90㎝タンクは平和。

マウスフィンキャットとバイオレットスネヘ20210905web
アマゾンのナマズ、マウスフィンキャットと
インドの雷魚、バイオレットスネークヘッド。

 

 

120㎝のセカンドタンクは、
我が家一の暴君、ゴールデンアロワナ。

ゴールデンアロワナ20210905web

「純金製」みたいな、やや(かなり)悪趣味なおサカナ(笑)
約55㎝。

 

販売名は「過背金龍(かせきんりゅう)」っつって、
背中までまっキンキンになるっちゅう話のはずなんですが、
実際は背中のウロコは黒いままちゅうことが多いっす。

コイツは8歳にして、
ようやく背中まで金色が上がってきました。

過背金龍8歳20210905web

 



 

さて、



黄色いおサカナといえば、

 

人気の被写体は、ミジンベニハゼ。

みじん子ちゃん20210905web 

団地は今ベビーラッシュ!
みじんこがいっぱいです(^^


ミジンベニハゼ正面20210905web 

得意のアングル 
っつーか、コレばっか。 ナントカのひとつおぼえ。

 



ハゼつながりで、オトメハゼの幼魚。

オトメハゼyg20210905web 

今はバー浜にもたくさんいます。

 

 

 

変わり種では、三角大岩の裏の

コクテンベンケイハゼ

コクテンベンケイハゼ20210905web 

コイツを撮ってて、
久しぶりのリングポートの欠点を思い出した。
コンパクトにストロボがつけれていいんだけど、
狭いところの被写体にはまったく向かないんだった。

次は外して手持ちでトライしよう♪

 

 

 

オキナワハゼ

オキナワハゼ20210905web 

図鑑では「普通種」って書いてあるけど、
ボク的には2回目なので、稀種(^^


オキナワハゼ正面20210905web

ひとつおぼえwww 

 

 

砂地で今日もネジリンを撮ろうと思ったら、

その横に、

ヒメオニハゼ!

ヒメオニハゼ20210905web 

バー浜では初めて見た。
特徴であるとんがった背びれを黒っぽいバックの海藻に合わせて、
背びれがしっかりわかるようにして撮ったつもりだったけど、
背びれはさらに長かった。ビックリ!(@_@)

すっっっごく長いんだなぁ♪

 

 

ちなみにこれは普通のオニハゼ。

オニハゼ20210905web 

 

 

ジョーも一生懸命、口内抱卵中♪

地味ジョー口内抱卵20210905web 

 

 

大好きなエビぞりスタイルの

イソギンチャクモエビ20210905web 

イソギンチャクモエビ♪

 

 

 

クマノミの幼魚がいっぱいいてカワイイ♪

クマノミyg20210905web 

この子は豆粒サイズ(^^
黒くて写真じゃわかんないけど、ピンはまあまあ来てる。
えらいぞD5300♪♪

 

 

 

オンプを乱発したってごまかされませんよって?

うどん県 からNAOちゃん、KOMちゃん、
晴れのくに からONDセンセが来て、一緒に潜ったり、なんて、
していないっす。


ケージさん! オレはやってないっす。

 

 

ほら、
あちこちに書いてあるじゃないっすかー。

IMG_20210905_145713.jpg 

 

 

DATE2021-9-05 

LOG2021-64
POINT
:バー浜
DIVE
/NAOちゃん ONDセンセ KOMちゃん

EN 07:39 EX 09:03
BT  82min
Max
 29.0m Ave 12.7m
W.Temp
 24.9℃(表層は27℃以上♪)

 

DATE2021-9-05 

LOG2021-65
POINT
:バー浜
DIVE
/NAOちゃん ONDセンセ KOMちゃ

EN 10:36 EX 11:57
BT  80min
Max
 28.3m Ave 12.7m
W.Temp
 24.7

 

 

 

これからの予定

20219月】

99日(木) お休み リサーチに行くかも

912日(日) 中津渓谷&安居渓谷 渓流魚ウォッチングツアー!

                     (前日までの天気がいい日が続くことが催行条件)

918日(土) 東京からKKIご一行 ご来高!

919日(日) 東京からKKIご一行 ご来高!

920日(月) 東京からKKIご一行 ご来高!

923日(木)~926日(日) 東京に行く予定(コロナ次第)

 

 

【今日のISSYの大ウソ】

最初の5行と最後の4行(と、題も)。
みなさんおわかり。

ニョーボには、
「行くのはいいけどアップとかしたらダメよ!!」
と、キツク言われております。

 

【今日の燃費】

nennpi20210905.jpg

まあまあかな。
9/14発売のカローラクロス、気になるなぁ。
燃費はCH-Rのほうがちょびっといいみたいなんだけど。

荷物は積めるよなぁ。

 

 

  1. 2021/09/05(日) 22:15:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:2

TGでは撮れない写真!

土佐藩は『外出禁止令』のさ中ですキ。
(先日の「坂本龍馬記念館」の見学から「竜馬がゆく」を読み返し中。
すっかりその気になってるゼヨ)

今日は平日ながら、
お仕事はお休みをいただいていましたが、
もちろん、ほら、おウチにいましたよ。

 

そのショーコに、
ホラ、
今日の、メダカの鉢に咲いたホテイアオイ。

IMG_20210822_085914.jpg 

ホテイアオイの花って、一日花なんだよねー。
儚いはかない。

 

 


ところで、水中写真を何点か。



キンギョハナダイYouGyo

キンギョハナダイyg20210902web 

 

 

スミレナガハナダイyg

スミレナガハナダイyg20210902web

 

 

スズメダイYouGyo シリーズ(漢字で書いてみたwww

 

長崎雀鯛yg

ナガサキスズメダイyg20210902トリミングweb


ナガサキスズメダイ ね。



黒眼鏡雀鯛yg 

クロメガネスズメダイyg202109022web

クロメガネスズメダイ

 

 

 

四国雀鯛yg

シコクスズメダイyg20210902web 

シコクスズメダイ
アマミスズメダイにちょっと似てるけど、たぶん四国。 

 


 

ハゼシリーズ

  

ハタタテハゼ

ハタタテハゼ20210902web 

ごく普通種だけど、つい撮りたくなるし、
なかなかきれいに撮れないし、
撮れると嬉しいおサカナ♪

 

 

 

ウミタケハゼの仲間

ウミタケハゼの仲間202109022web 

バックに 空雀鯛 のブルーが入ってカラフル(^^

 

 

 

オトメハゼYoung

オトメハゼyg20210902web 

今はあちこちにたくさんいてカワイイ♡
親魚と違って逃げ回らないので撮りやすいし。

 

 

 

サザレハゼ

サザレハゼ20210902web 

稀種とされてるけど、よく見ると結構いる。
けどあまりにジミー。
砂地とまるで同じ(泣)

 

 

と、ここまでは、まるで 柏島ビーチのようですね。

 

 

 

ちょっと大きくなった ミジンこ

ミジンベニハゼ20210902web 

まるで、バー浜のミジン団地みたいですね。

 

 

 

これはなんでしょう?

イサキyg?20210902web 

イサキの幼魚に1票かなぁ。
ちょっと違うような気もするけど・・・

 

 

 

砂地には ネジリンボウ がけっこうたくさん。

 

水温が高いせいか、けっこうホバリングしてくれます。
ネジリンボウ202109021web


オスも出てきた。

ネジリンボウペア20210902トリミングweb


 

 

オスメスとエビと。

ネジリンボウペアとエビ20210902web 

(ちょっといまいちだけど)

 

 

 

これは近くにいたYoungGYo

ネジリンボウyg20210902web 

 

 

普通のネジリンが他にも数ペア、
写真はないけどヒレナガも(^^

 

 

 

やっぱ、TGじゃぁ味わえない楽しみ♪

ANTISの古澤大社長と
早期納品にご尽力いただいた、ご担当MOKさんのおかげです。
感謝カンシャ!!


Nexus5500web.jpg 

ANTIS Nexus5500(中はNikon D5300だけどね!) 


 

DATE2021-9-02 

LOG2021-62
POINT
:柏島ビーチ
DIVE
/Solo

EN 07:49 EX 09:23
BT  93min
Max
 29.5m Ave 11.5m
W.Temp
 23.6℃(表層は27℃以上♪)

 

DATE2021-9-02 

LOG2021-63
POINT
:バー浜
DIVE
/Solo

EN 11:56 EX 12:19
BT  82min
Max
 29.0m Ave 13.2m
W.Temp
 22.8℃(ソコは冷たい!)

 

 

 

これからの予定

20219月】
(今後の高知県内の感染者数の推移によっては中止もあり〼)

94日(土) お仕事

95日(日) 柏島 &/or バー浜

99日(木) お休み リサーチに行くかも

912日(日) 中津渓谷&安居渓谷 渓流魚ウォッチングツアー!

                     (前日までの天気がいい日が続くことが催行条件)

918日(土) 東京からKKIご一行 ご来高!

919日(日) 東京からKKIご一行 ご来高!

920日(月) 東京からKKIご一行 ご来高!

923日(木)~926日(日) 東京に行く予定(コロナ次第)

 

 

【今日のISSYの大ウソ】

7行目 と、

10行目の最初の3文字。

おわかりのとーり。

「法螺」 って書いてあったっしょ。

(行数はPC版です。スマホだとちょとズレる)

 

 

 

 

  1. 2021/09/02(木) 21:09:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
バードウォッチング (52)
ダイビング (358)
高知の自然や景色 (20)
高知の文化やその他 (11)
その他 (9)
日記 (12)
休日の日記 (21)
アクアリウム (10)
ねこ (8)

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる