FC2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきて早16年目。高知の海のダイビングの水中写真、ご近所の鳥が中心の「なんちゃって」バードウォッチング、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

沖の島のオニ退治 第11回 JUDF四国 環境保全活動 オニヒトデ駆除 ダイビング!

527日(土)は、JUDF 四国の環境保全活動「宿毛市沖の島 オニヒトデ駆除ダイビング」を行ってきました。

JUDF っていうと、「スパルタ」な講習を売りにしているキビシー ダイビング指導団体、という間違ったイメージがもたれているきらいがありますが(笑)、こういう環境保全活動も積極的に行っているんですねー。

この企画は、もう通算第11回目になる定例事業で、国定公園「足摺宇和海国立公園」に指定されている宿毛市沖の島海域の造礁サンゴを守るために、毎年春・秋の2回、ボランティアのダイバーを募って、サンゴを食害してしまうオニヒトデを駆除しているものです。

エスポワールweb オニ退治に行くのはこの「エスポワール号」

今回は、遠くは東京・千葉・大阪、そして四国の香川、愛媛、高知から、15名の「モモタロウ」たちが参集してくれました。

物語の「オニ退治」というと、風はビュービュー雨はザーザーといった悪条件をおしながら、敢然と鬼に立ち向かっていくイメージがありますが、この企画もその例にもれず(笑)、これまでの実績では、天候が悪かったり(雨)、風が強く海が荒れ模様だったり、いい条件だった記憶があまりないのですが、今日はごらんの通りのピーカン! 海も凪っぽく、とってもいいコンディションでオニ退治に行くことができそうです!

宿毛港で簡単なブリーフィングをして、ウエットスーツに着替えて出発しました。

さあ、オニ退治に出発です!

航海20170527web 沖の島は宿毛港を出発してボートで約45分ほど。

 

ところがところが、なかなかいいことばかり、というわけにはいきません。

沖の島に近づいてみると、予想以上に風が強く、風速はおおよそ8mぐらい。 水面は風波が立っていて、ちょっと厳しめの海況です。

午後にはさらに風が強まって、たぶん風速10mぐらいはあったんじゃないでしょうか。
安全にボートダイビングを行うには、ややギリギリ?のコンディションです?!


それでも「JUDF桃太郎ダイバーズ」はめげません。

午前・午後、2ダイブのオニヒトデ駆除を、3班に分かれて敢行しました。

 

さてさて、オニヒトデはいるかな~?

食害されたサンゴweb

オニヒトデに食べられて白くなった「食痕」を目安にオニヒトデを探していきます


サンゴの裏側をのぞき込んでみると、 いましたいました! サンゴの裏側も、食べられて真っ白になっています。

サンゴの裏に潜むオニヒトデweb

サンゴの裏に隠れているオニヒトデを発見!

 

見つけたオニヒトデは、エビバサミで引っ張り出したら、サイズを計測・記録をして、 体盤の5-6か所に酢酸注射をして駆除します。

onihitodekujo webサイズを計測・記録してから、お注射の時間ですww

オニヒトデにお注射1web

 

 

お昼休みは、島に上陸して休憩。 白いビーチと青空、そして海のブルーのグラデーションがとってもきれいでした。

沖の島ブルー20170527 まっ白な砂浜と「沖の島ブルー」がとってもきれいでした

 

さて、駆除の結果は、といいますと、

1本目 
ポイント:「トリノクビ」周辺 (烏帽子~大和エリア)
駆除数:21


2本目 ポイント:赤崎2番~大浦 駆除数:17

2ダイブの合計駆除数は、38匹でした。

駆除匹数としてはそれほど多くはありませんでしたが、見つかったヒトデが少なかったということはオニヒトデの生息数がそれほど多くなく、サンゴは一定に保全されている、ということですので、それはそれで好ましいと思うのですが、今回はまた別に気になったことがありました。

それは、見つかったオニヒトデの中に、今回はいつも以上に「幼体」が多かった、ということです。

大きさ(全長:足先から足先までの長さ)が約715㎝という、今までにあまり見たことのないような、小さい個体が、38匹中7匹もいました。

小さい個体が増えている、ということはまだまだ油断はできない、ということですね。

これからも頑張らなくては!

 

 

 

それでは、沖の島の海のシーンもご覧ください(^^♪

カメとダイバーweb

ウミガメに出会えて喜んでいた人も多かったです

 

デカホラ貝web でっかい「ホラ貝」もいましたよ!


ウミウシいいカンジweb マダライロウミウシのカップルがいいカンジでしたのでパチリ!!

 

SGEさんご夫妻web

JUDF会長も大阪からご参加くださいました

 

SNBさんとキンギョハナダイweb 

キンギョハナダイの群れもとってもきれいでした!

夜の懇親会は、高知といえば、のカツオのたたきをはじめ、今が旬のキビナゴ料理(お刺身、天ぷら、塩焼き)、スマガツオやヨコ(クロマグロの子ども)、モイカ(アオリイカ)などのお刺身盛り合わせ、ウツボの空揚げ、トウゴロウイワシ(不思議な食べ物ですけど、絶品のおいしさです!)、チャンバラ貝、焼きサバずし・・・などなど、高知ならではのおいしい食材がいーーっぱい並んだ大宴会!

ダイバー談義に花が咲きました~!

 

沖の島のオニ退治、次回は今秋 1028日(土)を予定しています。


興味のある方は、ぜひご予定に入れておいてくださいねっ



LOG DATA

2017-18 (2017.05-27 沖の島 トリノクビ)
EN 09:48  EX 10:42
BT 54min
Max 14.4m  Ave 8.2m
W.Temp. 19.4℃

2017-19(2017.05-27 沖の島 赤崎)
EN 13:24  EX 14:22
BT 58min
Max 13.8m  Ave 5.6m
W.Temp. 19.8℃ 

よかったらご感想(コメント)をお寄せください。お待ちしています♪

↓ 読んでおもしろかったら 「拍手」 にクリックをお願いします


スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 22:16:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0
<<0528(日曜日)のダイビングログです | ホーム | 地味ジョー & 紅白ジョー の真実!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングと、始めたばかりのバードウォッチングをはじめ、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
バードウォッチング (49)
ダイビング (127)
高知の自然や景色 (12)
高知の文化やその他 (3)
その他 (5)
日記 (0)
休日の日記 (7)

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問アクセス数

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる