fc2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきてもう20年目! 高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

桃太郎あらため金太郎? いーえイマドキは「鬼殺隊ダイバーズ」!

FBのダイビンググループ(クローズグループ)ではご案内をしていましたが、
今日は急遽、高知県宿毛市「足摺宇和海国定公園」沖の島の
環境保全事業「オニヒトデ駆除」が入りました。

要するに、3月の年度末が近づいてきて、
県の環境保全系の予算が若干ゆとりの見込みになったんで、
今のうちに使ってくれっ ちゅうことらしい。

JUDF
の事業だと一般ダイバーを募ってってことになるんですが、
(ボクはいれば誰かトモダチ誘おうと思ったんだけど残念ながらご応募もなく)
今回はプロばっかし。

・大月在住の海洋研究家のセンセ―(ジョ〇―さんのそっくりさん、と言ったほうが知ってる人にはわかりいいか笑笑)
・国定公園ボランティアスタッフの方
・沖の島在住の方
JUDF四国インストラクター(パシマリのスタッフ)
と、ボク。
5
名の少数精鋭でのオニ退治となりました。

 

エスポワール20210221web 
「パシフィックマリン」の大型ダイブクルーザー「エスポワール号」
今回もお世話になりました!

 

 

これまでこの地域のオニヒトデ駆除は「酢酸注射法」を使っていましたが、
この方法は、効果が高く危険性が低い、というメリットがありますが、
・準備(酢酸や注射器セットの用意)がめんどくさい
・専用の注射器が高い
・その高い注射器をみんながやたらぶっ壊す
等々のデメリットもありまして、
現在はこちらのスタイルになっています。

オニ退治道具20210221web

こいつでアックスボンバー(古!)をぶちかますのだ!
※注)昔のハルク・ホーガンというプロレスラーの得意技
AX20210221web.jpg

 

こちらは
・壊れない
・準備も使い方もカンタン
・ちょっと危ない(ぶちかますときに刺されないよう注意)
といったメリットとデメリット。



この企画は「オニ退治」なので、これまで「桃太郎ダイバー」と言っていましたが
使う道具が「オノ」に変わったので「金太郎ダイバー」に変更だな。
いや、イマドキ鬼を殺すのはキメツの「鬼殺隊」だ!
日輪刀ならぬ日輪斧ですな。
ってことはオニ退治あらため「鬼狩り」だ。

沖の島20210221web

沖の島が見えてきた

 

 

新しい「鬼狩り」の手順は

  

オニヒトデがサンゴを食べた跡(食痕)を目印に探します。
食痕とオニヒトデ20210221web

 

 

いたいた。


引っ張り出して、
オニヒトデ20210221web


ざっくりサイズを計測して
サイズ測定web


ぶちかます!
斧攻撃20210221web

 

 

高知ならでは「オニのたたき」の出来上がり~♪
オニヒトデのたたきweb
(タテヨコ5発ずつぐらい叩いております)



狩った後は、ここの食痕の周りをほかの人が探さないように
ちょっと割っておきます。
食痕は割っておく20210221web
どうせ死んじゃってるサンゴだからね。

 

 

5名の鬼殺隊 2ダイブで 30匹 の 鬼狩り ができました♪

しかし、酢酸注射法はなんとなくインテリ感のある駆除方法だったけど、
斧で叩き潰すのは単純なバイオレンス&スプラッターの世界だなwww


かくして、沖の島の平和は今日も守られたでやんす。
沖の島サンゴ20210221web

 

水温は約20℃。
お天気も上々、気温も20度近くまで上がったんじゃないかな。

ボートダイブは寒いかな?と思ってたけど、
ボートコートすら羽織る必要がないぐらい、
ぜんぜん楽勝でした♪
2本目はバブも使わなかった)

 

 

沖の島のその他の写真

でっかいアカウミガメ
大亀20210221web

サザナミヤッコ
サザナミヤッコ202010221web

タテキンの思春期(子どもから大人になりかけ)の子
タテキン未成魚20210221web

ベテランぞろいの鬼狩りは半分ファンダイブ♪(笑)
(もちろん真面目にオニを探してますけどね!)



昼はボートの上で
伊之助うどん(笑)
伊之助うどんweb
分厚いイノシシのチャーシューが
これでもか!というぐらい乗ってるボリューミーな逸品!
分厚いイノシシの脂が何ともうまい!
お腹も大満足♪

 

 

2ダイブの鬼狩りの後、
センセ―が沖の島の港の中を調査で潜るというので、
一緒に潜らせてもらいました。

思ったよりドロドロヘドロっぽい底土。


クサハゼ
クサハゼ20210221web

カスリハゼ
カスリハゼ20210221web

なんかがいましたが、
とにかく速い!

遠くから、「見つけた!」と思った瞬間に引っ込む。

マツゲハゼ?20210221web
マツゲハゼ だと思う。初めて見た。
こいつもマッハで引っ込む。(スゴイ遠くから撮った写真の鬼トリ&色補正)


ラッパウニには、こいつもお初ではなかろうか。
ゼブラガニとは違う、変わったカニ。
ムラサキゴカクガニ20210221web
調べたら ムラサキゴカクガニ っていうらしい。
珍しいからセンセ―にも見せちゃろうと思ったら、
置いている間にウニから逃げちゃったみたい。
ずいぶん突っつきまわしたからなぁ笑笑


鬼狩りの後は、
お初モノも見れて楽しいファンダイブでした。

帰路20210221web
帰路につきましょ!

 


港に帰ってきたのは15:30ぐらい。

1900過ぎには人に会う約束があったので、
大あわてで帰ってきました。

ご一緒したみなさん、
きちんとご挨拶もせずに帰っちゃってすみません!
また「鬼殺隊」に入れてくださいね~♪


これ読んだ皆さんも、次はぜひ一緒に
バイオレンス/スプラッターの世界をご一緒しませんか(笑)

JUDFの企画としては、5月、10月の最終土曜を予定しています~♪)


 

DATE2021-2-21 

LOG2021-7
POINT
:沖の島 トリノクビ
DIVE
/:鬼殺隊

EN 09:54 EX 11:01
BT  67min
Max
 13.4m Ave 6.0m
W.Temp
 19.8

 

DATE2021-2-21 

LOG2021-8
POINT
:沖の島 赤崎2番
DIVE
/:鬼殺隊

EN 11:41 EX 12:37
BT  56min
Max
 18.2m Ave 10.6m
W.Temp
 19.8

DATE2021-2-21 

LOG2021-9
POINT
:沖の島 母島港 港内
DIVE
/SHUセンセ―

EN 13:54 EX 14:36
BT  38min
Max
 12.6m Ave 8.7m
W.Temp
 19.1

 

これからの予定:

20212月・3月】

この先はお天気次第かなー。
天気がいい日を選んでいきます。同乗・同行大歓迎♪

 

 

 

スポンサーサイト



  1. 2021/02/21(日) 23:50:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0
<<天気は悪くても 冬の海は 透明度最高! | ホーム | イッシーエステート 現地視察の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
バードウォッチング (52)
ダイビング (367)
高知の自然や景色 (20)
高知の文化やその他 (11)
その他 (9)
日記 (12)
休日の日記 (21)
アクアリウム (10)
ねこ (8)

カレンダー

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる