fc2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきてもう20年目! 高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

2021 水中写真のまとめ!

この数年、年末年始はバタバタが続いてたんでやってなかったけど、
正月休みのヒマな時間に去年の水中写真を見直して、
2021年 水中写真のまとめ。

ホントはベスト10を選びたいんだけど、
それぞれに思い入れのある写真がいろいろあって
選びきれないので、今回は部門別に(笑)


1.生態部門
生態写真としてよく撮れた!という写真 5選。

①キンセンイシモチの口内抱卵(バー浜)
キンセンイシモチ口内抱卵202107044Choiceweb
じっくり待ってると、口いっぱいに咥えた卵を出し入れして
卵のポジションを入れ替えるところを見ることができます。
でもそうは言っても短気なボクにはなかなか見れないので、
撮れるとやっぱりウレシイ♪


②ユカタハタのクリーニングシーン(ソリハシコモンエビ) (柏島ビーチ)
ユカタハタクリーニング20211124Choiceweb
クリーニングシーンは定番の写真。
ウツボは良く撮れるけど、ユカタハタだとやっぱり写真が華やかでいいね。


③マツカサウオの幼魚 複数匹のショット(バー浜)
マツカサyg5匹20211202Choiceweb
マツカサの幼魚自体は珍しくはないけど、複数匹はあんまり見ない。
しかも5匹を1カットに入れられたのはうれしかった。
もう一回撮りに行ったら、もういなかった(泣)


④カワヨシノボリとアカザのツーショット(安居渓谷)
ヨシノボリとアカザのツーショット20210912Choiceweb
今年から行き始めた、渓流の水中撮影「かわすも」(川素潜り)ww
ヨシノボリ(ハゼ)とアカザ(ナマズ)が並んでくれたのでパチリ!
ボクにとってはとってもモノ珍しかったけど、
ホントに生態的に珍しいのかどうかはわからんwww


⑤アカザの捕食シーン(安居渓谷)
アカザ捕食中20211003全身像2Choiceweb
ボク的には、川でアカザが見られただけでも結構なオドロキだったんだけど、
(のちによくいることが判明)
それがいきなり餌を獲ったのでびっくりした。
決してミミズをアカザの前に放して撮った「ヤラセ」ではない。
ホントだってば、ホント―!


2.珍種部門
珍しい生物、初めて見た・初めて撮った生物 5選。

①シマアラシウツボ(バー浜)
ウツボの仲間20210725Choiceweb
バー浜の浅っさいところで見つけた見たことの無い魚。
かなりでかい。
でも、こんなふうに上吻が下あごを大きく覆って穏やかそうな顔をしているので、
ウツボじゃなくてバカでかいウミヘビ(アナゴ)の仲間かな?とも思ってたりした。
FBと瀬能先生よりシマアラシウツボの老成魚、という同定をいただきました。
若魚は白黒のシマシマなんですよ。
ぜひ見つけてみたい。


②ムラサキゴカクガニ(沖の島 港内)
ムラサキゴカクガニ202102212Choiceweb
ラッパウニをひっくり返してゼブラガニでも、って探してたらいたカニ。
こんなの初めて見た。
SHUセンセイに見せようと思ったらウニから離れてゴロタの中に逃げられてしもうた。


③ケブカガニの仲間(柏島ビーチ)
ケブカガニの仲間20210920Choiceweb
柏島で岩ひっくり返してたら出て来たカニ。
オレンジ色で毛むくじゃらなところは、人気のオランウータンクラブみたい。
大きさは2㎝ぐらいかな? かわいかった。


④カスリハゼの仲間(カスリハゼsp) (A浜)
カスリハゼ属の一種C202111132Choiceweb
ひさしぶりに潜ったA浜で見つけたカスリハゼの仲間。
まだ学名とかついてないので、図鑑「日本のハゼ」にも載ってはいるけど、
「カスリハゼ属の1種」として記載されている。
普通種のカスリハゼと違って引っ込まないので撮りやすい♪
実はとっても珍しく、
瀬能先生によると、八丈島で記録がある以外は奄美諸島以南、八重山からの報告が多い魚で、
九州以北からの報告はないらしい。
ってことは、四国初報告!?
西表からは黄化個体の写真も出てるので、探して見ないと!!


⑤シマオリハゼ(A浜)
シマオリハゼ202111132Choiceweb
図鑑「日本のハゼ」には普通に載ってるし、
学名がついたのも1957年と古いので、そんなに珍しくもないのかと思ったら、
西表では普通種らしいけど、沖縄本島以北では記録が少なく、
本州域では串本で4件、大瀬崎で2001年に1件の報告があるとのこと。
これも四国初報告なのかも!?
写真を送ったら瀬能先生が「高知では普通に見られるのでしょうか?」ってびっくりしたので
こっちもビックリした笑笑


3.ワイド部門
ワイドはあんまり撮らないし、機材もざっとしてるんで恥ずかしいだけど・・・

①ヘラヤガラ黄化個体(柏島ビーチ)
ヘラヤガラ黄化個体ワイドレンズ20210627Choiceweb
ワイドレンズをヘラヤガラにぶつけるぐらいに近づけて撮った一枚。
ストロボも魚体にキレイにあたって、思ったような写真になって嬉しかった。
千原ジュニアっていうヒトに似ている気がする。


②オニヒトデと鬼滅のダイバ(沖の島)
オニヒトデとTMKくん20211117Choiceweb
まーなんてことないオニ退治の写真なんだけどさ。
オニちゃんがでっかく撮れて迫力のある写真になったからwww

③アオウミガメ(柏島ビーチ)
アオウミガメ202112153Choiceweb
アオウミガメ、太陽をバックにストロボもまあまああたってきれいに撮れた。
ヒレの先がフレームアウトしてなければよかったのになぁ。

④ウミテングのペアとダイバー(バー浜)
ウミテングとSGYくん20211031FBChoiceweb
TG-6、ワイドレンズなしで撮れた一枚。
マクロのウミテングにちゃんとピンが来てて、
バックのダイバーもきれいに撮れて、うれしい。
なにより、講習生のダイバーが上手にウミテングに寄って着底できて、
楽しいポーズまで取ってくれたのがサイコー!!

⑤フタスジリュウキュウスズメ(バー浜)
フタスジリュウキュウスズメの群れバー浜20211027Choiceweb
テーブルサンゴに群れているフタスジリュウキュウスズメの群れ、
まるで沖縄か海外かのようにきれいに撮れました。
ここはホントにバー浜???
TG-6+ワイドコンバージョンレンズです。
こういうまとまりのない魚の群れ系は、とにかくたくさんシャッターを切って
その中で魚群の形が整っているのがあれば、ラッキー♡って感じですね。


4.その他マクロ部門
すごく悩んだんですけど、とりあえずの 10選。
(それだけたいした写真が無いっちゅーことやね)

①紅白のヒトデヤドリエビ(柏島ビーチ)
ヒトデヤドリエビ白黒並び20210513Choiceweb
寒いシーズンに被写体探すのがめんどくて、ヒトデヤドリエビばっかり撮ってた時の一枚www
白と黒(赤?)がキレイに並んでくれたので「動くなよー」って念じながらパチリ。
ところで、紅白歌合戦を見ていても、イマドキの若い世代の人は
紅組が女性歌手のチーム・白組が男性歌手のチームっていう構成になっていることを
知らない人も結構いるんだそうな。
ジェンダーレスの時代ですねー(←保守的なボクにはよーわからん)
なんにせよ、めでたい系の写真(^^♪

②ウミウシカクレエビ on ニシキウミウシ(柏島ビーチ)
ウミウシライダーセンターライド20210627Coiceweb
これまでナマコにしか乗っているのを見たことがなかった、ウミウシカクレエビ。
やっぱりきれいな宿主に乗っててくれると、写し甲斐が倍増しますねー。
これはウミウシの顔のちょうど真ん中に来てくれたところ!

③アカオビハナダイ(バー浜)
アカオビハナダイ20210228バー浜Choiceweb
ハナダイ系の魚(に限らないけど)は、ヒレをバッチリ開いたところを撮りたい。
それがかなった一枚。
手前のキンギョハナダイさえいなければ~(笑)

④ニセモチノウオ(バー浜)
ニセモチノウオ20210909トリミングFBChoiceweb
サンゴ域の浅いところにいるごく普通種なんだけど、
よく見るとこんなにカラフルなサカナって珍しいくらいに色彩にあふれてると思う♪
ところがこいつが撮りにくい。
にくったらしいぐらいに撮りにくい。
ちょろちょろうろちょろ、あっちに出たり、こっちに引っ込んだり。
ウソだと思ったら撮ってみーや。
これキレイに撮れたらソンケーしますです。
そのイジクソの悪さが目つきにしっかり現れているオサカナwwww

⑤ハコフグの幼魚(柏島ビーチ)
ハコフグyg20211223Choiceweb
すごくかわいいハコフグの幼魚も、かわいく撮るのは案外ムズかしい。
正面顔とかも狙ってみるけど、いまいちかわいく撮れない。
このカットは、目にアイキャッチがちょっと入って、
お口がキュートに撮れたので、かわいく撮れたほうかな。

⑥ソメワケヤッコyg(柏島ビーチ)
ソメワケヤッコyg202110272トリミングChoiceweb
今年はソメワケヤッコの幼魚がとっても多かったなぁ。
はじめは興奮して撮ってたけど、最後は超普通種になってたwww
これも目つきが愛くるしく撮れたのでお気に入り。

⑦アマゴ(安居渓谷)
アマゴ202109121トリミングChoiceweb
川素ものメインターゲット、アマゴ。
こいつらもきれいにヒレを広げてくれにくいお魚。
流れに乗って泳ぎながら、もちろん開くんだけど、その一瞬を撮るのはなかなか・・・
2022年の課題の一つだなー。

⑧オルトマンワラエビ(柏島ビーチ)
オルトマン20210214Choiceweb
これは「スエモノ切り」みたいな写真だけど、
やっぱりバックがキレイだと、絵になるよね(^^♪

⑨オジロバラハタyg(柏島ビーチ)
バラハタyg202112152Choiceweb
4㎝ぐらいの幼魚だけど、とっても美魚。
だけど隠れたらなかなか出てこないんで、けっこう粘って撮った写真。

⑩クマノミyg(バー浜)
クマノミyg20210905FBChoiceweb
基本的に「図鑑写真」が好きなボクにしてはちょっと違ったアングルの写真。
1㎝ぐらいのクマノミの幼魚。


他にもオキナワハゼとかヒメダテハゼとか、ヘラルド、アカハチ、ササハゼ、ホタテ、ネジリン、スケロク、クマドリ、サザレハゼ、アワセイソハゼsp・・・
そもほかいーっぱい選びたい写真はあったけど、
どれもすごくいい!ってのがなくて、ようよう選んだ去年のベストショット。

2022年も、がんばって精進しましょ♪



これからの予定
【2022年1月】
どこかで初潜りに!天気予報見て、お天気が良くて風が弱くて気温の高そうな日。
同行者大募集(笑)

 
スポンサーサイト



  1. 2022/01/02(日) 14:55:00|
  2. ダイビング
  3. | コメント:0
<<2021→2022 年末年始! | ホーム | 2021ラストダイブ は イブイブに(^^♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
バードウォッチング (52)
ダイビング (362)
高知の自然や景色 (20)
高知の文化やその他 (11)
その他 (9)
日記 (12)
休日の日記 (21)
アクアリウム (10)
ねこ (8)

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる