fc2ブログ

Issy no Hitorigoto ~ボクの土佐日記~

高知に移住してきてもう20年目! 高知の海のダイビングの水中写真を中心に、南国土佐の自然や日常、高知の暮らしなどなど、いろいろなことをつれづれに書いていきたいと思います~www

結婚26周年記念?! どこに行くのかわからないミステリ―ツアー3泊4日

去年2022年はボクたちフーフの結婚25周年(^^
いわゆる「銀婚式」っつーやつだ。

この関係をこれまで愛想もつかさず続けて来てくれた
ニョーボには、ひたすら頭が下がる。

 

というわけで、去年行こういこうって言ってて
なんかチャンスがなくて行けなかった「旅行」に行くことにした。

 

DM?のチラシを見て見つけたのが
今回のツアー。


いわゆる「ミステリーツアー」ってやつで、
行き場所が全くわからない ことになっている。

こんな企画今どき許されるのか(笑)

 

チラシの写真をグーグルレンズで検索すると、
行先は北海道。
ボクは北海道には行ったことがない。
これまでに行った北限は、
友人の結婚式のオープニングで少林寺拳法の演武をやりに行かされた
青森が最北限。

行ったことの無い北海道には、ボクはちょっとアコガレを抱いているww
(ニョーボは友だちもいるし、学生の頃2回ぐらい来たことある)

 

ニョーボも同意してくれたので、
一か八かわからんけど、ミステリーツアーに乗ってみることにwwww

ボクの場合、有休一日とれば、4連休出来るもんでww

 

今回参加のツアーは、
「名湯・名宿・食を愉しむミステリーツアー4日間」と題し、

「名宿 × 食 × 美景」
ちゅうコピーで謳われている旅。

要するに、
「温泉宿に泊まります。ホテルはいいところです。食事もそこそこです。
でもツアー内容(廻る観光地)とかにはお金あんまりかけてません」
と読める。
まー参加費も安いし、観光スポットはそんなにどーでもいいので、
宿と食い物のいい旅がいいなぁ、っつーことで、コレにしたww

さーて、どうなることやらwwww

 

ミステリーツアーチラシweb 

 


1日目:20231118日(土)

高知空港9:10集合。
家を出る時間を何時にするかで、すでに口論が始まるw

高知空港のカウンターのおばさんの案内は、かなりテキトーでザツ。
ニョーボすでに怒り出す。


高知空港外モザweb


まーけど、高知~羽田は慣れた旅。
羽田空港のトランジットはたったの30分。
ところが飛行機は若干のディレイ。
羽田で降りた時に「北海道に乗り継ぎの方はお急ぎくださーい!!」
って空港係員が叫んでるのをよく聞くけど、

正にその人になって、急ぐ。

 

お昼を食べてる時間はないので、
乗り継ぎのスキに崎陽軒のシウマイ弁当を買って
機内でお昼♪


シウマイ弁当web 

 

サッポロは新千歳空港に到着。

新千歳空港web 

 

現地で待っていたツアコンさんがかき集めたツアーの参加者は37名さま。
高知が約半分、後は香川、徳島、鳥取、島根など
中四国からのツアーでした。

やっぱりお年寄りのご夫婦が多いかなwww
大半は60代後半から70代くらいなんじゃなかろうか。
ご家族連れやお友達同士でのご参加もいたけどね。

ツアコンさんは、感じが良くて良かった♪
説明のトークがいまいち流暢とは言えず、
敬語の使い方とか言葉遣いは???と思うところも時々あったけどwww

 

サッポロは、

ホテルに着く前に寄る一発目の観光スポットが、
「サッポロファクトリーレンガ館」(笑)
予想では、サッポロビール博物館。
札幌でビール系の観光地ッつったら、フツーはコッチでしょ。
ファクトリーは、古いサッポロビールの工場の建物なのかな。
レンガ造りの歴史的建造物と、パネル展示みたいのがちょびっとあるけど、
あとは基本的にはイオンモールみたいなもんだゾwww

でも、古いレンガ造りの建物にツタの紅葉がとてもきれい。


サッポロファクトリーweb

 

初日のお宿は、ソラリア西鉄ホテル札幌。
きれいなお部屋でまずは満足(^^
ニョーボからも合格点。

 

ホテルチェックイン後は
ツアーのサービスで、
札幌駅のJRタワーの展望台から札幌の夜景を見物。


札幌JRweb


JRタワー夜景2 スキー場web


OP
の自由参加にもかかわらず、
なんと、展望台の入場料はツアー会社持ち。
これには感謝m(__)m


JRタワー夜景1web

 

そのあとはニョーボの友だちHURさんご夫妻と会って、
北海道の回転ずしでおなかいっぱい。
北のお寿司屋さんは、何を頼んでも新鮮でおいしいし、

今まで見たことないようなネタも多くて、
楽しい、おいしい(^^

 

そのあとは夜のサッポロを散策。


高知が誇る はりまや橋 と並び称される、日本3大がっ〇り名所の一つ、
札幌時計台。

ちなみに3つ目は、長崎のオランダ坂、那覇の守礼の門、京都タワー、名古屋テレビ塔、大阪仁徳天皇陵など候補者多数なので、
ダントツの2位に入っている由緒正しい がっ〇り名所だ。


札幌時計台web


「はりま」「やばし」のようなキモキャラがいなくてざんねんだったけど、
別にがっかりはしなかったぞ。よかった。

安芸の「野良時計」よりもでかいし。


札幌のテレビ塔

サッポロテレビ塔web

早めのイルミネーション ありがとう!


ホテルはとってもキレイで居心地がいい。
お風呂も満足。


ホテル窓から札幌支庁改装中web

ホテルのまどから。
札幌市庁舎ビュー。

改装中なので、幕に市庁舎の絵が描いてあるのが観光地らしいサービス(笑)

 

ここは朝食が売りで、
6:30
からのバイキングに6:15から並ぶ。
ホワイトフレンチトースト、洋風海鮮丼が目玉。

スープカレーやざんぎ(鶏のから揚げ)、ジンギスカンなんかもちょっぴり味わう。

 

朝食後はHURさんの案内で、
彼女らの母校、北海道大学のキャンパスを散策。


北大ポプラ並木web


カレッジ(単科大学)出身のボク的には、
広大なユニバーシティのキャンパスはすごく物珍しく、うらやましい!
ボクもこんな環境でだったら、しっかり勉強したのになー(←ウソツケ!

 

 

さて、2日目 1119日 
バスツアーはどこへ行くのか。
とりあえず1時間ぐらいバスで走る。

初めのポイントは 
「蝦夷富士」こと、羊蹄山 がみえる「ハズ」の中山峠。

ところが、あいにくの曇り/小雨でなんにも見えない。

金をかけないで「景色」で行こう っちゅうツアー構成としては、
痛いお天気笑笑

中山峠web



ま、でも、アンドーナツと揚げ芋がうまい。

スクリーンショット 2023-11-23 190702web 


今回のツアー行程中、ここでだけ、雪がありました。

 

二カ所目は
ニセコチーズ工房。


ニセコチーズ工房web

 

ここはマツコに取り上げられたり、
JAL
ファーストクラスの機内食になったりで、
けっこう有名なチーズ屋さんらしい。
けど、悪いけどまったく興味なしwww

 

 

お次は
洞爺湖 展望台♪

ここはなんとなく観光地っぽくて良し(^^
トウヤコ とかいうと、北海道来たな、って感じもするし。


洞爺湖web

 

インバウンドのMICMade in C)の人たちがいっぱいいて、
大声ではしゃいでた。

 

お昼は、このヘンのブランド牛「白老牛」のすき焼きランチ。

白老牛すき焼きランチweb 

 

んで、午後は、しかべ間歇泉 を見て、お宿へ。

間歇泉はスゴイし、こういうのは嫌いじゃないけど、
別府温泉の瀧巻温泉の方が、規模といい勢いといい、
でかいね。

今日のお宿は イマジンホテル&リゾート函館。
 

 

チェックインしたら、
早々に宿を飛び出して、
タクシーとロープウェーに乗って函館山に登って
1000,000の夜景を見に(^^


函館夜景web


函館山夜景POPweb

 

こういう自由行動時間が一番「観光」らしいwww

 

お風呂は温泉!
7
時ごろに入りに行ったのに、
最上階の大浴場が、
なんと、
「貸きり状態」だったのにはちょっとびっくり(@_@)

なにか間違えたか、どっきりテレビかなんかじゃないかと思って、
ちょっとドキドキして落ち着かないwww

 

このホテルの夕食は、
ベニズワイガニ食べ放題!を含む「豪華バイキング」が売り。
いろいろあったしおいしかったけど、
カニにあんまりこだわりのないウチとしては、
カンゲキするほどではないのは自分がトシ経たせいだろうか。
ライブで作ってくれるステーキとかてんぷらはうまかったけどね♪


イマジンホテルバイキングweb

 

このホテルはお部屋が広くてビックリ。
古いホテルの改装なので、トイレが狭いとか、
若干のマイナス点はあるけど、ボク的にはジューブン♡
ニョーボ的には及第点。
オーシャンビューで、イカ釣り船の明かりがまぶしい♪

イカ釣り漁船の明かりweb


 

ガイドさん曰く、
温泉は、
一度入ると汚れがとれ、
二度入ると疲れがとれ、
三度入ると、元がとれ る んだそうな。

んで、3回温泉も入りまして、

 

 

3日目 1120日。

 

今日の天気はどうかな?

函館の夜明web

 

朝ごはんは食べ放題のイクラ丼(マス子だけどね)

imajinn朝食web

でもおいしい。


 

今朝はスタートが遅く、9:30出発。

 

ツアーは函館の朝市に行くも、
提携のお店にベタで連れて行かれてガッチリ拘束ww
セールストークのスキを見て途中で抜け出して、
朝市見物と、
青函連絡船「摩周丸」を見物。


摩周丸web

 

 

次は今日の目玉かな。
函館山の中腹にある、
旧函館区公会堂。


旧函館区公会堂web

 

明治時代の建物で、
なかなかすごい。


旧函館区公会堂ホールweb
ガイドのお姉さんの熱心な説明がありがたかった。

 

お昼はレストランで3色海鮮丼。
マグロ・サーモン・イクラの3色は
ちとさびしい(笑)

3色海鮮丼web

カニ・ウニ・イクラ とか 
ホタテ・ウニ・イクラ とかにはならんもんかね(笑)

まぁ、朝と違ってホントのサケのイクラだから
おいしいけどさ。

 

午後は大沼を見物して、(なにせ景色を見る観光だもんでww

大沼web
お団子食べて、

おあとはお宿までひとっ走り。


貨物列車も見たよ。
貨物列車web


 

今日の宿泊は 登別。

登別グランドホテル。
天皇陛下御用達の老舗高級ホテル(^^

 

登別といえば、ここはご存知、日本でも名だたる温泉郷。

 

ホテルについてからのフリータイムが、
このツアーの真の観光時間(笑)

 

登別温泉街を歩いて散策。

ここは温泉「地獄」だから、「オニ」が町全体のキャラクター。

そこら中にオニがいるwww

登別オニモザweb


鬼火の灯る木道を歩いて、地獄谷を一周。

登別地獄谷web


登別地獄谷2web 

 

夕食は初めて見るほどの大規模なバイキング。

和・洋・中・エスニック、何でもあり。
ここはなんでもおいしい。

登別グランドバイキング
こりゃすごい。

こんなに食べたの久しぶりっつーぐらいに食べ過ぎた。

 

お部屋は純然たる和室。
こういうのもいいね。

 

温泉ももちろん入りました!
ここは食べ過ぎの影響もあって、2回。

元は取れてない(笑)

サウナが売りらしかったけど、あんましキョーミないんだよね。
普通のサウナだけのぞいたけど、
売りの「鬼サウナ」っていうのはやめちょいた。

ニョーボは赤オニになって帰ってきたwww
サウナに目覚めたかもwww

 

朝食のバイキングも上等じょうとう!!

登別グランド朝食web
昨日の夜も今朝も、
普段の食事量は7分~8分ってセーブしてるボクとしては、
こんなに自分を「解放」して食べたのは
ひさしぶりっつーぐらい食べた笑笑

 

 

さーて、ツアー最終日、1121日。

 

今日の観光地は「日本最大級の淡水魚水族館」っつーから、
スゲー期待してたんだけど、

千歳水族館web
「サケのふるさと千歳水族館」(ショボン)
ボクの大好きな、巨大熱帯魚系じゃ―なさそう。

 

と思ったらギッチョンチョン!!

 

確かにサケの一生を展示してくれてはいるんだけど、

サケの幼魚web


サケの若魚web


ベニザケweb
これはベニザケ


巨大熱帯魚もチョビっとはいる。

RTCweb.jpg
レッドテールキャットのあくび(^^♪

 

それよりなにより、
建物の地下に入ると、なんとなんと、
すぐそばを流れる千歳川の中が、そのまま水槽になっていて、
自然の川底が居ながらにして観察できるのだ。

そしてそこには、遡上してきて
これから産卵をしようというサケがいっぱい!!!


サケオスキズだらけ顔アップweb

 

もうそのガラス面に張り付いて、
産卵行動をとりそうなペアを見つけて
時間いっぱいまで粘ってみたけれど、
そうそう目の前で産んでくれるものじゃーないですね(笑)


サケオスweb


サケメスweb


でも上流からは産み出されたイクラとか
バンバン流れて来るし、
いつもの かわすも が、濡れずにできるようなもんで、
超興奮しました(^^♪♪♪

 

いやー! 来てよかった!!!

 

 

次は昼食会場でもある、
馬のテーマパーク「ノーザンホースパーク」

個人的には、昼飯もウマもいらんから、
サケに張り付いていたかったwww

 

 

でも、サラブレッドをはじめ、いろいろな種類のウマを見て、
馬牧場web
北海道らしい(?)自然の風景に癒されて、
朝のバイキングでまだお腹いっぱいのところに
バーベキューランチをムリヤリ詰め込んで、
バーベキューweb
楽しくおいしく苦しい(笑)時間を過ごし、

 

帰りの空港(新千歳)へ移動。

 

 

空港では、
ニョーボに連れまわされてあちこち歩いて、
新しくてきれいで楽しい空港で飽きることなく楽しんで、
雪印パーラーモザweb
帰路の機中の人となりました。

 

ツアーのボク以外の人は、全員北海道はリピーターで、
初北海道ってヒトはボクだけだったみたい。

ボク的には、総じてとっても楽しい旅行でした。

札幌の時計台も北大も、
函館の夜景も、青函連絡船や朝市も、
濡れないなんちゃって かわすも(笑) も、
全部楽しかった。

 

はて、結婚25周年記念の旅、として
ニョーボさま的にはどうだったんだろう??

 

 

登別温泉郷で、
閻魔様やオニばっかりいるもんで、

「そういえば、この前行った旅行も別府温泉の地獄めぐりで
地獄巡りばっかりじゃんか」ってつぶやいたら、

鬼嫁がひとこと。

 

「ケッコン地獄」。


ケッコン地獄mozaikuweb

 

 

まだ人生長いです。

楽しくなかよく暮らしましょう。

 

よい旅でした♡

 

スポンサーサイト



  1. 2023/11/21(火) 00:00:00|
  2. 休日の日記
  3. | コメント:0
<<柏島ビーチ! おひさ~のホントのビーチ 2ダイブ! | ホーム | アドバンス講習2ダイブ~後川 かわスクーバ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

issy1455

Author:issy1455
神奈川~千葉~パラオ(笑)~埼玉~と流れながれて、南国土佐に流れ着きました。
高知県は自然がいっぱいあって食べ物がおいしくて、ホントーに暮らしやすく、いいところです。
若いころから続けているスクーバダイビングを中心に、高知の自然やいいところを紹介していきたいと思います。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
バードウォッチング (52)
ダイビング (358)
高知の自然や景色 (20)
高知の文化やその他 (11)
その他 (9)
日記 (12)
休日の日記 (21)
アクアリウム (10)
ねこ (8)

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

訪問アクセス数

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる